まちづくりの新たな拠点(生涯学習プラザ)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013327 更新日 平成31年2月8日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市立生涯学習プラザの概要

 社会の課題が複雑かつ多様化する中、暮らしの中から生じる課題を解決するためには、まちに関わる人々が、自分事として主体的に関わっていくことが大切です。そのため、市民一人ひとりが、身近な地域や社会に関心を持ち、様々な体験、活動から学び、そこから生まれる仲間、知恵や工夫により、地域の課題解決や魅力向上にともに取り組めるような地域づくりを目指していかなければなりません。
 そうした地域を支えていけるよう、施設・組織の再編、新たな管理職の配置も含めた職員の増員等による体制の充実、職員の行動変容にも取り組むことで、市全体として行政の地域への向き合い方を大きく変えていく必要があります。
 そうした自治のまちづくりに向けた地域振興体制の再構築を進める上で、生涯学習の推進を図るとともに学びをきっかけとして、地域における課題解決等の活動を促進することができるよう、公民館と地区会館をともに学びと活動を支えるための施設として、平成31年4月1日より尼崎市立生涯学習プラザとして運営を開始します。

施設の名称

施設の位置の変更について

平成31年4月1日より位置が変更となるのは中央北・大庄北生涯学習プラザの2施設です。それ以外の10施設の位置は、これまでの地区会館・公民館と変わりません。

移転する施設の新住所:中央北生涯学習プラザ(東難波町2丁目14-1)、大庄北生涯学習プラザ(大島3丁目9-25

説明会の開催について

現在、公民館と地区会館を利用されている方、地域の方々を対象に施設の概要等についての説明会を開催します。

利用許可の申請・使用料の支払いについて

平成31年4月1日以降に生涯学習プラザ(現地区会館及び公民館)を利用するに当たってのお知らせ
・利用許可の申請や使用料の支払いは、平成 31年4月1日から開始します。
・予約については、これまでと同じ方法で行うことができます。

【考え方】
今回の位置づけ変更に伴い、現指定管理者等による利用許可や使用料徴収は、今年度内に行うことができません。
また、スムーズに手続きが進むよう、詳細な運用方法等が定まってから事務処理を行うことを考えています。

※地区会館・公民館として利用する場合(3月31日までの利用)は、これまで通り予約後、定められた期限までに利用申請や使用料の支払いをお願いします。

※公共施設予約システム上は、現行施設名、利用日の順に選択し、予約できます(中央北、大庄北生涯学習プラザは新施設のため、その施設名を選択)。

指定管理者選定委員会の開催について

尼崎市立生涯学習プラザの指定管理者の選定を公平かつ適正に実施するため、指定管理者選定委員会を開催します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働局 地区施設特命担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6445
ファクス番号:06-6489-6173
メールアドレス:ama-siminkatudou@city.amagasaki.hyogo.jp