尼崎版総合戦略及び尼崎人口ビジョンについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1007985 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

 このたび、国において、急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、将来にわたって活力ある日本社会を維持するため、50年後に1億人程度の人口を維持することを目指した「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」、今後5か年の施策の方向性を示す「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が示され、各地方公共団体においても、国の戦略等を踏まえて、今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「地方版総合戦略」等を策定するよう努力目標が示されました。

 本市は大都市圏にありながら、人口は昭和46年の55万人をピークに一貫して減少傾向にあり、少子化・高齢化の進行とあわせて、今後の本市の市政運営に大きな影響を及ぼすことが見込まれています。平成25年に策定した本市の総合計画では、全国的に人口減少、少子化・高齢化が進むなか、まちづくりにおいて「人口の年齢構成バランスを重視する」「活動人口の増」「交流人口の増」を重視しており、特に中学生以下の子どもがいる世帯の定住・転入促進に向けて、調査、研究を進めているところです。

 尼崎版総合戦略については、こうした本市の取組を促進する効果が期待できることから、本市の将来人口を客観的に推計するとともに(尼崎人口ビジョン)本市総合計画を基に、まち・ひと・しごとの分野に焦点を絞ったアクションプランとして策定しました。

 詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 都市政策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:

ファクス番号:06-6489-6793
メールアドレス:

  • ama-seisaku@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-kotsuseisaku@city.amagasaki.hyogo.jp(交通政策)