「尼崎市認定農業者制度」を創設しました。

ページ番号1009694 更新日 平成30年4月16日

印刷大きな文字で印刷

「尼崎市認定農業者制度」を創設しました。

都市農業の多様な機能や役割が見直される中で、平成27年4月に施行された都市農業振興基本法により、都市農地の位置づけはこれまでの「宅地化すべきもの」から「都市にあるべきもの」として大きく転換し、都市農業の安定的な継続が図られることになりました。本市においても貴重な都市農地を維持・保全していくために、意欲のある農業者に対し、安定して営農を継続していくための支援策として「尼崎市認定農業者制度」を創設し、今後本市の農業を担う農業者(認定農業者、認定新規就農者)を育成します。

実施時期

平成30年4月から認定農業者、認定新規就農者の申請手続きを受け付けます。

 

制度概要

平成30年3月に、農業経営基盤強化促進法に基づき、地域の実情に応じて、効率的・安定的な農業経営の目標を示した「基本構想」を策定しました。この目標を目指して今後5年間の「農業経営改善計画」を作成し、市から認定された方が「認定農業者」です。また新たに農業を始める人(新規就農者)が今後5年間の「青年等就農計画」を作成し、この計画が認定されると「認定新規就農者」になります。

認定されると認定農業者であることが採択要件となる県、国等の支援策が受けられます。

認定農業者の対象者

意欲のある農業者であれば現状の経営規模の大小等を問わず対象となります。

性別
男性・女性問いません
年齢
年齢制限は設けていません
専業・兼業の別
問いません
基本構想の目標指標
  • 年間農業所得 認定農業者は350万円程度、認定新規就農者は200万円程度
  • 年間従事時間 1,800時間

認定の手続き

認定を受けようとする方は基本構想に示された指標を目指して5年後に自分の農業経営をどういう方向に改善、発展させていくのか、どのような方法で実現させていくのかを見据えた「経営改善計画」を作成し、農政課へ提出します。

提出された計画はJA、農業改良普及センター、農業委員会などの意見を参考のうえ審査を行います。このため書類の受付から認定まではおよそ2カ月程度かかります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 農政課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館5階
電話番号:06-6489-6542
ファクス番号:06-6489-6790