尼崎市内鉄道駅周辺の駐輪場情報及び自転車等放置禁止区域

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005360

印刷大きな文字で印刷

駅周辺における自転車や原付の放置防止

 駅周辺(JR、阪急、阪神の13駅)の道路上などにおける自転車や原付の放置を防止するため、昭和58年に「尼崎市自転車等の放置の防止に関する条例」を制定しています。
 これに基づき、災害時における防災活動の円滑化及び市民生活の安全保持や良好な都市環境の保全など、快適で住みよい町とするために自転車等放置禁止区域などを定めて放置自転車の撤去を実施しています。自転車や原付は道路上などに放置せずに駐輪場を利用しましょう。

  1. 駅周辺の道路上などにおける放置自転車を防止するため「放置禁止区域」等を定めています。
  2. 放置禁止区域等に放置されている自転車や原付は撤去し、保管所に1カ月間保管します。
  3. 返還時に、撤去や保管等に要した一部費用をいただきます。(自転車2,500円、原付5,000円)
  4. 保管所の開所は、月曜日から土曜日(休日及び年末年始を除く)の午後3時から午後7時です。

駐輪場情報及び自転車等放置禁止区域

 市内13駅周辺における駐輪場情報及び自転車等放置禁止区域を図示した地図を以下のとおり駅別に掲載しています。なお、原付は原動機付自転車(50cc以下)の取り扱いです。自転車や原付でお出かけの際は、駐輪場を利用しましょう。