妊婦健診費用の一部助成

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002945 更新日 令和1年5月1日

印刷大きな文字で印刷

妊娠中の健康を守り、元気な赤ちゃんを出産するために大切な妊婦健診の費用を一部助成します。

助成対象者:尼崎市民(尼崎市に住民登録がある)の妊婦

        (注)健診日も尼崎市民であること。

申請窓口:北部保健福祉センター北部地域保健課、南部保健福祉センター南部地域保健課、保健所健康増進課

対象となる健診  平成31年度

  妊婦前期健診 妊婦後期健診 妊婦基本(S)健診 妊婦基本(A)健診 妊婦基本(B)健診
週数と健診日 妊娠22週未満 妊娠22週以降 妊娠22週以降 妊娠期間中 妊娠期間中
内容

診察

尿検査

超音波

血液検査

(血液型〔ABO・Rh〕・不規則抗体・貧血・血糖・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・HIV抗体・風疹抗体・トキソプラズマ抗体・HTLV-1抗体)

子宮頸部細胞診

クラミジアトラコマチス核酸同定検査

診察

尿検査

超音波

血液検査

(貧血)

細菌培養同定検査

診察

尿検査

超音波

血液検査

(貧血・血糖)

診察

尿検査

超音波検査

診察

尿検査

健診上限回数 1回 1回 1回 3回

8回*

多胎妊婦の場合は14回

償還払い単価上限 24,540円 10,760円 8,710円 5,400円 3,240円


(注1)上記以外の健診項目については、自己負担となります。
(注2)上記の内容が、保険外診療にて行われる場合が助成対象となります。

申請方法

1 委託医療機関で受診する場合

申請窓口にて、受診券を交付しますので、健診受診前に申し込んでください。
・複数枚を同時に使用することはできません。
・今回の妊娠期間中に使用しなかった受診券は、無効となります。

*平成31年4月より、多胎妊婦の場合は受診券を追加交付します。
・平成31年4月1日以降に受診する妊婦健診が対象です。
・平成31年4月1日よりも前に妊娠届出をした多胎妊婦の方も対象となります。
・妊婦健診受診後に償還払いの申請も可能です。

2 里帰り出産など委託医療機関以外で受診する場合

償還払いになりますので、健診受診後2年以内に必要書類を添えて、手続きをしてください。
申請される健診受診日の領収書の原本が必要となりますので、大切に保管しておいてください。
原則、まとめて1回の申請となります。なお、複数の医療機関の受診がある場合は、機関別に報告書の記載を受けてください。
また、受診券の交付を受けている場合は、受診券と引き換えに申請受付をしますので、受診券もご持参ください。

申請時に必要なもの

委託医療機関で受診する場合
(受診券交付手続き)

委託医療機関以外で受診する場合
(償還払い手続き)

母子健康手帳

*多胎妊婦追加交付場合、それぞれの母子健康手帳が必要です。

*代理人が申請する場合は、代理人の本人確認書類も必要です。

母子健康手帳
印鑑
振込先を確認できるもの
健診日の領収書
妊婦健診受診結果報告書(実施機関記載分)

受診券(交付している場合のみ)

 申請書等は、申請窓口にあります。下記よりダウンロードもできます。

申請書類はボールペン等で記入してください。(鉛筆、消せるペン等では受付できません。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049