市外で定期予防接種を受ける場合

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003042 更新日 令和1年5月1日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市に居住する方が、市外の医療機関で定期予防接種を受ける場合、「予防接種実施依頼書」が必要です。
 事前に「予防接種実施依頼書」の交付を受けてください。
 また、接種を希望される市町村の予防接種担当課へ市外居住者の受入れの可否や、接種費用等について事前にご確認ください。

事前に確認すること

予防接種を希望する市町村の予防接種担当課へ、次のことを確認してください。

  1. 尼崎市の居住者でも予防接種法に基づいた定期予防接種を受けることができるか。
  2. 接種をしてもらう予定の医療機関は、定期予防接種実施医療機関か。
    まだ、医療機関を決めていない場合は、定期予防接種を受けることができる医療機関を尋ねてください。
  3. 尼崎市の居住者が定期予防接種を受けた場合の接種費用は、自己負担額になるのか。

(注)市外の医療機関で定期予防接種を受けて自己負担額が生じた場合は、下欄の「定期予防接種費用の還付(償還払)制度について」をご覧ください。

事前の手続き

 市外の医療機関で定期予防接種を受ける場合は、接種を受ける前に必ず「予防接種実施依頼書」の交付を受けてください。
 「予防接種実施依頼書」の交付を受けずに予防接種を受けた場合、定期予防接種の扱いになりません。

(注)市外の医療機関で無料で接種できる場合も、「予防接種実施依頼書」の交付を受けてください。
「予防接種実施依頼書」は、交付を受けた定期予防接種の実施責任が尼崎市長にあることを明確にするものです。

「予防接種実施依頼書」の交付の手続き

 予防接種実施依頼書交付申請書(様式1)に必要事項を記入の上、お住まいの地域の各地区保健・福祉申請受付窓口、(南北)保健福祉センター地域保健課又は保健所感染症対策担当で手続きをしてください。
 受付後、定期予防接種の実施についての依頼文を郵送します。
 接種後の発行はできませんので、必ず、定期予防接種を受ける前に手続きをしてください。
 依頼文がお手元に届くまで、7日~10日程度かかりますのでお早めにお手続きをしてください。

お問い合わせ先

保健所感染症対策担当までお問い合わせください。

保健所感染症対策担当
〒660-0052
尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3008

「定期予防接種償還制度について」

 尼崎市以外の医療機関で定期予防接種を受け、自己負担額が生じた場合、その費用の一部又は全額を還付します。
 なお、阪神6市1町(西宮市・伊丹市・宝塚市・芦屋市・三田市・川西市・猪名川町)での定期予防接種による自己負担はありません。
 詳しくは「定期予防接種費用の還付(償還払)制度について」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 感染症対策担当(尼崎市保健所 感染症対策担当)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3008(結核、感染症、肝炎治療、予防接種)
ファクス番号:06-4869-3049