令和3年5月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1025075 更新日 令和3年6月14日

印刷大きな文字で印刷

5月29日(土曜日)あまがさき環境オープンカレッジ実行委員会総会

あまがさき環境オープンカレッジ実行委員会総会

 あまがさき環境オープンカレッジの総会がオンラインで行われ、私も学長として参加。令和2年度は、緊急事態宣言を受け、エコあまフェスタ等の事業中止が続きましたが、コロナ禍にあっても可能な活動を模索して実施していただきました。平素からお世話になっている皆さんに謝意を伝えるとともに、気候非常事態行動宣言にかかる取組について、今後のさらなる連携をお願いしました。



 

5月28日(金曜日)尼崎双星高等学校情報技術部 表敬訪問

尼崎双星高等学校情報技術部 表敬訪問

 尼崎双星高校情報技術部の3人チーム「双救(そうきゅう)」のみなさんが、3月にオンラインで開催された「ロボカップジュニア2021」のレスキュー部門で強豪の灘高校をおさえて見事、全国優勝!3名の生徒と脇田校長、藤井顧問の5人が表敬訪問してくれました。6月22日からオンライン開催されるフランス世界大会に、日本代表として参加するとのこと。本当に得難い経験になると思います。
 情報技術部は、ものづくりを通して「考える力」「工夫する力」「集中力」などを高めるため、放課後や休日に3Dプリンターを用いたオリジナルロボット製作やプログラミングなどの活動を行っているそう。今後のご活躍を大いに期待しています。

 

5月28日(金曜日)尼崎健康医療財団 令和3年度第1回理事会

尼崎健康医療財団 令和3年度第1回理事会



 私が理事長を務めております尼崎健康医療財団の理事会を開催しました。令和2年度の事業報告と決算、任期満了等に伴う評議員と役員の候補者推薦等を議案として、理事の皆様にご審議、ご了承をいただきました。




 

5月26日(水曜日)感謝状贈呈式

感謝状贈呈式


 新型コロナウイルス感染症対策のため、株式会社リュウナ様よりフェイスシールド1,300枚をご寄付いただきました。同社様は、「心身のコアから強く、美しく。」が企業理念。免疫力をつけ外的要因にも負けない体づくりをする「美と健康」を提案されています。ご寄付いただいたフェイスシールドは、医療機関や感染予防対策が必要となる方々にお届けいたします。

 

感謝状贈呈式

 また、NPO法人日本もったいない食品センター様より、飲料水と食品(肝油)をご寄付いただきました。同センターは、事業者から食品衛生上問題のない廃棄予定品を引き受け販売するほか、慈善団体や生活困窮者への支援による直接的な食品ロス低減、食品に関する知識を広めるための啓発活動による間接的な食品ロス低減活動を展開されています。ご寄付いただいた飲料水と食品(肝油)は、社会福祉協議会を通じて、市内にあるこども食堂等、必要とされる方々へお届けいたします。


 

5月25日(火曜日)定例記者会見

定例記者会見

 今月の定例記者会見の内容は以下の通りです。
1.「尼崎市まちかどチャーミング賞」の応募作品を募集!
 同賞は、昭和61年度から概ね5年に一度、都市美の形成に著しく寄与すると認められる優れた建築物や活動などを募集・審査して表彰してきたもの。受賞が決まった建築物などは、過去に表彰されたものも含めて市ホームページ、SNSなどで広く発信します。都市美に対する関心を高め、市全体と地域の魅力向上につなげていきます。

2.「尼子騒兵衛展-「落第忍者乱太郎」・「忍たま乱太郎」はこうして生まれた!」を開催~未公開作品を含む1,500点を展示~
 尼崎市出身、在住の漫画家「尼子騒兵衛」さんの展示会。「落第忍者乱太郎」の原画はもちろん、学生時代・デビュー前に描かれた作品や制作資料など、初公開作品を含む、約1,500点を展示します。乱太郎たちキャラクターの名前に本市の地名が使われていることから、多くのファンが地名めぐりに訪れてくださる尼崎市。ファンの方に楽しんでいただくとともに、市内の皆様にもまちの魅力として誇りに感じてもらえたらと思います。

5月21日(金曜日)ECO未来都市・あまがさき宣言団体(AG6)代表者会議

ECO未来都市・あまがさき宣言団体(AG6)代表者会議

 平成22年に産業5団体と尼崎市でECO未来都市・あまがさき宣言を実施。以来、各団体の代表の集まりをAG6(あまがさきグループシックス)と名付け、各主体が連携しながら、経済と環境の共生に取組んできました。本日は久しぶりにAG6会合を開催し、尼崎商工会議所吉田会頭、尼崎経営者協会杉崎会長、尼崎工業会堀田理事長、尼崎信用金庫作田理事長、尼崎地域産業活性化機構加藤理事長と「尼崎市気候非常事態行動宣言」や各団体の取組について情報を共有するとともに、再エネ推進に伴うコスト増への対応や中小企業への配慮と支援について、エコ融資や炭素税の動向について意見が交わされました。宣言後約10年の節目を迎えるなか、SDGsや国際的に求められる温暖化対策基準に対応していくこと、そのためにも情報を共有し連携していくことを確認しました。

 

5月20日(木曜日)市議会定例会閉会

市議会定例会閉会

 市議会定例会最終日。追加提案した、ひとり親世帯以外の住民税非課税の子育て世帯等に対する「子育て世帯生活支援特別給付金」に関する補正予算が即決され、初日に提案した議案も全て原案通り可決されました。
 まもなく任期を終えられることになりますが、この4年間、市政の発展、市民福祉の向上のため、大変ご尽力をいただきました。とりわけこの1年は、コロナ関係で例年にない頻度やタイミングで補正予算等を提案することとなりましたが、ご理解とご協力をいただき、終始熱心なご審議をいただき、御礼を申し上げます。これから、よりいっそう多忙な日々を送られることと思いますが、引き続き市政発展のためにご活躍をいただきますよう、お祈り申し上げます。

 

5月18日(火曜日)NPO法人兵庫空き家相談センター報告会

NPO空き家相談センター報告

 本市は令和2年5月1日にNPO法人兵庫空き家相談センターと協定締結し、危険な空き家の発生抑制に向けた啓発事業の実施と空き家の処分や活用に取り組む所有者への支援の強化を図っています。
 本日は、センター幹部の方々が市長室に来てくださり、協定後の実績について報告してくださいました。コロナ禍のため啓発セミナー等は実施できていませんが、所有者への改善依頼文の送付が約200件、空き家相談を受けた18件のうち5件が解決に至っています。やはり、売却代金の見込みや費用の見積もりを提示しながら相談を進められるのが民間の強みです。今後もいっそう連携を強め、空き家対策を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

5月11日(火曜日)市議会定例会開会

市議会定例会開会


 市議会定例会が開会しました。会期は5月11日から20日までの10日間。新型コロナウイルス感染症対策に係る補正予算のほか計8件の議案を提案しています。市議会の任期満了により、現議員の皆様での定例会は最後となります。一般質問は行われませんが、各委員会での審議が行われます。



 

5月6日(木曜日)阪神福祉事業団首長会

阪神福祉事業団首長会

 尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、猪名川町の6市1町の福祉行政と密接な連携をとりながら事業展開をしている社会福祉法人「阪神福祉事業団」の首長会。以前は首長が理事を構成していましたが、現在は副市長が理事を担い、首長会は理事長の選任や重要な基本財産の取得等、重要事項について助言や意見具申を行うこととしています。そしてこの度、新理事長の選任について財団からの報告、協議を経て、初めて行政職OBではない生え抜きの職員から理事長を選任する人事案について法人に意見具申することを確認しました。事業団には、自律性を高めつつ、各自治体が関与している強みと役割を発揮する運営を引き続き期待しています。

 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009