令和2年7月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1022062 更新日 令和2年8月5日

印刷大きな文字で印刷

7月30日(木曜日)尼崎市市民運動推進委員会役員会・総会

尼崎市市民運動推進委員会役員会・総会

 市民運動推進委員会の役員会と総会が開催されました。今年度から組織を見直し、市民団体代表が委員長、市長が本部長という形から、市民代表1名と市長の共同代表制としました。また、わがまちクリーン運動をはじめとする既に定着した運動に加え、毎年時事的なテーマで情報を共有し、必要に応じて臨機応変なキャンペーンを実施していくこととしました。新型コロナの影響で多くの催しが中止になっているなか、今年はまさに、新型コロナ感染予防を一つのテーマに。そしてもう一つとして、アンケート結果にもとづき「自転車マナーの向上」をテーマにすることとなりました。地域、学校、事業者などオールあまがさきで取り組むのが市民運動。運動の輪を広げていけるよう、よろしくお願いいたします!

 

7月28日(火曜日)兵庫県自治研修所女性リーダー育成研修

兵庫県自治研修所女性リーダー育成研修

 本日は、兵庫県自治研修所の女性リーダー育成研修にゲストスピーカーとして呼んでいただきました。私は仕事のときに自分の性別を意識することはあまりないのですが、一方で、組織に多様な人材が必要なのは言うまでもないこと。そんななか、家庭と仕事はどんな感じか、自分なりにどんな考え方を実践しているかなど、雑駁ながらもお話ししました。県下のさまざまな自治体から女性職員が参加されていて、ぜひ皆さんが横につながる機会になればと願います。


 

7月21日(火曜日)「起業プラザひょうご尼崎」オープニング式典

「起業プラザひょうご尼崎」オープニング式典

 尼崎地域産業活性化機構が兵庫県からの委託を受けて運営する、若者等による起業・創業の機運を高めるための拠点「起業プラザひょうご」が尼崎市中小企業センター内に設置されることになりました。7月29日からスタートで、本日はそのオープニング式典が行われました。(ちなみに参加者には「コロナ追跡システム」のQRコードが配られ、密にならないようテープカットも映像配信でした。)中企センターには本市の創業支援拠点「アビーズ」があり、相乗効果が期待されます。

 

7月21日(火曜日)定例記者会見

定例記者会見

 今月の記者会見の内容は以下の2件。
1.認知症患者の個人賠償責任保険を導入します
 「尼崎市認知症みんなで支えるSOSネットワーク」に登録いただいている方やそのご家族等を対象に、8月下旬より個人賠償責任保険の加入をご案内します。10月1日から導入開始、当事者負担はありません。誰もが安心して豊かに年齢を重ねていける尼崎を目指して取り組んでいます。現在は新型コロナ対策で外出を控えている高齢者の方も多いと思いますが、自宅での漏水などにも対応しています。ぜひご活用いただければと思います。
2.専門相談員による「LGBT電話相談」を開始します
 LGBT(性的少数者)の方を対象とした電話相談を開始します。 毎月第4火曜日午後5時~8時、7月28日から。NPO法人QWRC(くおーく)のスタッフが寄り添います。

 

7月20日(月曜日)サンテレビ「4時!キャッチ」“ひょうごseaライブ”撮影

7月20日(月曜日)サンテレビ「4時!キャッチ」“ひょうごseaライブ”撮影

 国土交通省や日本財団などが中心となって進めている「海と日本プロジェクト」。次世代に海の魅力や大切さを伝えようと全国規模で行われている取組です。その兵庫の取組の一環として、サンテレビの「4時!キャッチ」内で県内の海に関する情報を紹介するコーナー“ひょうご海(sea)ライブ2020”が設けられており、そこへの出演のお話をいただきました。偶然にもちょうどいま尼崎城で「尼崎城と海」というパネル展を開催中!そこで尼崎城内で撮影することに。
 産業都市のイメージの尼崎ですが、実は歴史的にもたくさんの海に関するエピソードがあるんです。7月29日(水曜日)放送予定ですので、みなさま是非ご覧ください!また、尼崎城パネル展「尼崎城と海」も9月末まで開催しています(ご来場の際には感染予防対策へのご協力をお願いいたします)。

 

7月14・16・20日(火・木・月曜日)監査委員及び農業委員会委員 感謝状贈呈&辞令交付式

監査委員及び農業委員会委員 感謝状贈呈&辞令交付式

 一年間監査委員を担っていただいた開議員、丸岡議員へ感謝状をお渡しし、今年度新たにお引き受けいただいた明見議員、別府議員へ辞令交付を行いました。新たな委員の方には、どうぞよろしくお願いします。
 また、農業委員会委員を務めてくださり、この度任期満了で退任される6名の方々へ、感謝状をお渡ししました。また、今年度第一回目の農業委員会の開催日に合わせて、新たに農業委員会委員になられた方への辞令交付式を行いました。今回任命させていただいたのは、2期継続の方も含め14名の方です。委員の皆様には、本市において貴重な農地をできるかぎり保全し、都市農業を支えていくため、引き続きのお力添えをお願いしました。

 

7月17日(金曜日)政策推進会議

政策推進会議

 今回の政策推進会議の議題は5件で、「尼崎市自転車のまちづくり推進計画の改定」、「(仮称)尼崎市子どもの人権擁護委員会の設置」「(仮称)尼崎市下水道ビジョン2031の策定」以上3つの政策形成プロセスのスタート、「尼崎市住まいと暮らしのための計画(素案)」に対するパブリックコメント実施、令和元年度公営企業局企業会計決算の概要についてでした。その他、尼崎市総合計画の点検結果(案)や各種イベントについて情報共有しました。
 パブコメ募集の「住まいと暮らしのための計画」は、いわゆる「住宅マスタープラン」のことです。環境や防災性能、空き家対策等、建物としての「住宅」の質向上についてはもちろん、そこでの住まい方、暮らし方まで一体でビジョンをもって取り組むことや、住宅地類型(駅前マンションや低層住宅地など)の違いに応じた取組を進めていくことなどを特徴とする計画になったことから、このようなネーミング案となりました。尼崎に住んでみたい、住み続けたいと感じていただけるまちづくりを進めるための意欲的な計画になっていますので、ぜひ素案をご覧いただければ幸いです。

 

7月15日(水曜日)「社会を明るくする運動」一日保護司会長委嘱状交付式、意見交換会

「社会を明るくする運動」一日保護司会長委嘱状交付式、意見交換会

 犯罪からの立ち直りの支援や犯罪防止を目的に毎年実施される「社会を明るくする運動」。例年、中央集会の日に「一日保護司会長」を拝命しているのですが、今年は新型コロナの影響で集会が中止となり、各地域での学習やのぼり等での情報発信などに注力することになりました。そこで、更生保護センターに伺い、一日保護司会長の委嘱を受けるとともに、保護司会役員の皆様と意見交換を行いました。最大の課題は保護司のなり手の確保。市職員にも積極的に声をかけられないかということで、職場の環境整備なども含めて丁寧に取り組んでいきたいとお話ししました。また、立ち直りの支援には就労をはじめ総合的な支援が必要です。市としても保護司会をはじめとする多様な団体の皆様との連携を強めていきたいと思います。

 

7月15日(水曜日)尼崎倶楽部朝食会「兵庫県の防災減災対策について」

尼崎倶楽部朝食会「兵庫県の防災減災対策について」

 新型コロナの影響で開催を見合わせていた尼崎倶楽部朝食会が、感染予防対策徹底のうえ行われました。普段は丸テーブルを参加者が囲みますが、スクール形式に並べた机に一人ずつ座り、朝食もサンドイッチの軽食を個別提供されていました。今回の講師は、兵庫県の企画県民部防災企画課の森口芳隆氏で、県の防災、減災対策がテーマ。当然、新型コロナ対策、感染症と自然災害の複合対策について話があり、また、南海トラフ地震が発生した際の津波到達までのシミュレーション動画なども盛り込んでくださっていました。今年も各地で豪雨災害が発生しています。被災地の皆様に心からお見舞いを申し上げるとともに、尼崎市としてもさらに災害対策を進めてまいります。

 

7月14日(火曜日)「災害発生時等におけるマスク・消毒液等の供給に関する協定」締結式

7月14日(火曜日)

 災害の発生時やそれに準ずる状況になった際、流通の混乱や需給関係のひっ迫等で必要物資が手に入らなくなることを防ぐため、尼崎市内で製品を自社生産されている事業者である、大阪油脂工業株式会社、株式会社ショウワ、ユニオン工業株式会社の三社と災害時応援協定を締結させていただきました。協定の内容は、本市で災害や感染症が発生、または発生のおそれがある場合に、マスクや消毒液などを生産供給いただくものです。ご協力いただく事業者の皆様、本当にありがとうございます。ともに力を合わせていきたいと思います。


 

7月13日(月曜日)令和2年度第1回 尼崎市総合教育会議

7月13日

 新型コロナの影響で延期になっていた総合教育会議を開催しました。議題は、昨年に市立高校で事案が発生して以来、膿を出し切る決意で取組を進めてきた体罰対応について。本日は全市で行ったアンケート調査の結果が最終報告となり、体罰のない社会を実現するための基本方針や有識者会議の議論のまとめ等について情報を共有し、意見交換を行いました。これまで、教員の処分を決めることと一体で体罰認定が行われてきたため、どうしても認定に慎重になりがちだったところを、今回は処分と体罰認定を切り離し、軽微なものでも対象として、適切な研修や意識改革につながるよう調査を実施しました。今後も、処分対象にはいたらない案件であっても背景を掘り下げ、体罰によらない適切な指導への転換を徹底します。研修等の充実はもとより、多忙な学校現場へのサポートや、トップアスリートの指導や大阪市の桜宮高校の改革に携わってこられた柳本晶一顧問にご協力いただいて進める市尼体育科のカリキュラム改革、子どもの人権擁護のための第三者機関の設置など、市も教育委員会も一丸となって取組を進めます。また、今後の取組の進捗については引き続き、総合教育会議でも情報を共有していきます。

 

7月13日(月曜日)あまがさき観光局事業部長へ辞令交付

7月13日(月曜日)


 あまがさき観光局の事業部長として新たに民間公募で採用が決まった高村陽子さんへの辞令交付を行いました。民間での経験、よそ者の視点、女性としてのセンスなど、高村部長の持てる力を存分に発揮していただけるよう、観光局理事長として、市長として、ともに頑張っていきたいと思っています!



 

7月9日(木曜日)ユーストークセッション「dialogue for with コロナ~市長と教育長と中高生と~」

7月9日(木曜日)ユーストークセッション「dialogue for with コロナ~市長と教育長と中高生と~」

 ユース交流センター主催の中高生とのオンライントークイベントに私と教育長で参加しました。テーマは「afterコロナ/withコロナ時代の社会や学校を考える」。事前にセンター利用者を中心に中高生にコロナと最近の生活に関するアンケートを実施。その内容も踏まえつつ、部活や修学旅行などの学校行事が存分にできなくなったことへのやるせない思い、勉強の進度や受験等についての不安、感染拡大の心配と感染対策へのストレスの両方を感じている状況など、中高生の率直な声を聞く貴重な機会となりました。ぶつける先のない、さまざまなしんどさがあると思います。それでも、この経験が糧になること、彼らにはそうしていく力が備わっていることを感じ、全力でサポートしていきたいとの思いを強くしました。

 

7月8日(水曜日)第19回尼崎市議会臨時会

7月8日(水曜日)第19回尼崎市議会臨時会

 市議会臨時会が開催され、新議長に公明党の開康生議員、新副議長に同党の福島さとり議員が選出されました。新型コロナウイルス対応で矢継ぎ早に補正予算を編成している状況の中、新たな正副議長にもいろいろとお世話になることが多いと思いますが、市長と議会が車の両輪として、活発な議論による連携を図れるよう、ともに市政に力を尽くしたいと思います。
 議会終了後は、毎年恒例で橘公園で行われる核兵器廃絶国民平和大行進の出発式に立ち寄り、ご挨拶させていただきました。


 

7月3日(金曜日)尼崎市法人保育園会 7月園会

尼崎市法人保育園会 7月園会

 法人保育園会の皆様には、新型コロナへの対応で本当にご苦労が多いなか、保育を支えていただきました。改めて感謝申し上げます。例年は4月に法人保育園会を退任される方と新任の方の歓送迎会にお声がけいただいているのですが、今年は新型コロナの影響で中止に。本日は感染予防対策のうえ、会議のみ開催されるとのことで、私も伺いご挨拶させていただきました。今後も引き続き、法人保育園会の皆様と力を合わせて、感染拡大防止に向けた取組、保育士の確保と育成のための取組を進めていきますので、よろしくお願いいたします。

 

7月2日(木曜日)尼崎経営者協会講演会

尼崎経営者協会講演会

 新型コロナの影響のため延期されていた尼崎経営者協会の総会・講演会が開催されました。ジャーナリストの井上久男氏が講師で、アフターコロナの産業動向についてと題して、もともと専門テーマでいらっしゃる自動車業界の動向に加え、多様な分野のローカル企業の事例をお話しくださいました。変化の時代。これまでの「常識」にとらわれていてはダメ。PDCA(PLAN・DO・CHECK・ACTION)の時代から「DCPA」(まず実行、走りながら検証・改善する)へ。などなど、これから求められる発想についての示唆には大変共感しました。ちなみに、市役所は従来「PPPP」(計画をつくってばかりで、使いこなせてない!)だったところから、ようやく「PDCA」を鋭意まわしているところ。全部が走りながらというわけにはいかない行政だからこそ、新しい発想と行動力のある民間団体や企業の皆様とお互いの強みを活かして協働することが重要だと思っています。経営者協会の皆様、引き続きの連携をよろしくお願いいたします!

 

7月1日(水曜日)「みんなの尼崎大学相談室 職員編」を本庁で開催!

みんなの尼崎大学相談室

 合言葉は「みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室」!みんなの学び&学び合いを支えるプラットフォーム「みんなの尼崎大学」では、自治のまちづくりやイベント開催に関すること、もっといろんな方と連携するにはどうすればいいかなどの相談を受け付け、情報を共有して一緒に考えていく「みんなの相談室」を実施しています。本日はその「職員編」が本庁秘書室前で開催されました。いろんな所管課の相談で予約がいっぱいになり、コロナ禍下での活動展開の工夫や、事業の広め方、PR方法など、いろいろな質問がよせられたとのことで、嬉しいことです。コロナ対策は大変ですが、新たなチャレンジや気づきにつながることも。「みんなの相談室」は普段はひと咲きプラザで毎月第二水曜日に開催していますので、皆様もぜひお気軽にお声がけください。


 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009