令和2年6月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021563 更新日 令和2年6月30日

印刷大きな文字で印刷

6月30日(火曜日)政策推進会議

政策推進会議

 本日の案件は、簡易宿所が開設されやすくなるためのいわゆるラブパチ条例の一部改正についてのパブコメ結果の報告でした。パブコメでは新規のご意見はありませんでしたが、審議会での意見や新型コロナ対策という新しい状況を踏まえ、素案を微修正しています。ラブホテルの規制は引き続き適切に行いつつ、インバウンドや滞在スタイルの多様化にともなうニーズに応える簡易宿所の開設は可能になるよう、工夫を凝らした改正となっています。9月議会に改正条例を提案予定です。
 その他、公共調達にかかる業務に従事する労働者の適正な労働環境の確保について、コロナ対策応援寄付の案内、尼崎市公式YouTubeチャンネルの開設などについての情報を共有しました。

 

6月29日(月曜日)令和2年度第2回 あまがさき観光局理事会

あまがさき観光局理事会

 あまがさき観光局では、先日行った最終面接の結果、公募による民間人材を事業部長としてお迎えします!400倍以上の狭き門を突破されたのは、民間企業や旅行会社でのマネジメントや企画に関して多くの実績をもつ女性の方で、現在は関東にお住まいですが、すでに尼崎市内への引っ越しの準備中。7月中旬に着任予定です。本日は観光局理事会を開催し、新しい事業部長にかかる人事案件や組織変更等の議案を審議、可決いただきました。あまがさき観光局のパワーアップにご期待ください!

 

6月28日(日曜日)阪神医療生活協同組合 第51回通常総代会

阪神医療生活協同組合 第51回通常総代会

 阪神医療生活協同組合の総代会でご挨拶させていただきました。診療所や介護の現場の皆様には新型コロナへの対応で本当にご苦労が多いことと思います。また、本日の総代会も参加人数を絞っての開催で、組合員の皆様の地域活動にも影響があったと思います。このようなときこそ、組合としての支えあい、そして学びを大切に、さらに活動を進化させていかれることを祈念いたします。市としても皆様からのご意見や提案をいただきながら、第二波への備え、コミュニケーションと学習の充実に向けて対策を進めます。今後もよろしくお願いします。

 

6月27日(土曜日)尼崎市国際交流協会総会

尼崎市国際交流協会総会

 尼崎市国際交流協会の総会に伺いました。姉妹都市友好都市との交流、日本語学校や各種交流事業など在尼外国人への支援、本市高校生の語学留学事業など、国際交流協会の皆様には幅広い事業を展開していただき、心強い限りです。今年は事務所を置く、尼崎城近くの開明庁舎での総会でした。コロナ対策下ではありますが、観光分野でも連携をお願いしたいと思っています。尼崎市が国際感覚あふれるまちとして発展していくため、今後もさらなるご活躍を期待しております!


 

6月27日(土曜日)アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎アピール行動

アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会

 工場周辺でのアスベスト被害が明るみに出た、いわゆる「クボタショック」から15年です。アスベスト集会に参加し、市の取組を報告するとともに患者や遺族の方のお話を伺いました。今年は新型コロナ対策のため、出席者の限定や時間短縮をするかわりにYoutubeでの動画配信が実施されての集会でした。本日の集会開催はもとより、15年の長きにわたる関係者の皆様のご尽力に心から敬意を表します。現場の皆様の声をきき、その活動に寄り添い、市としてもともに被害の根絶と救済、そして将来にこの教訓を引き継いでいくために粘り強く取り組んでいきます。

 

6月26日(金曜日)尼崎健康医療財団評議員会

尼崎健康医療財団評議員会

 尼崎健康医療財団の評議員会に理事長として出席しました。本日は昨年度の事業報告と決算を審議いただき、評議員の皆様からは、検診の受診率向上に資する取組みへの期待や、財産運用ルール等について質問やご意見をいただきました。財団では、新型コロナ第一波での経験を踏まえた休日夜間急病診療所の円滑な運営などの当面の課題に対応するとともに、中長期的な視点で検診事業や看護学校の今後のあり方を検討し、今年度改定予定の経営計画に盛り込んでいくこととしています。

 

6月25日(木曜日)六星会会長との意見交換会

六星会会長との意見交換会

 6地区の地区会により構成されている「六星会」。各地域振興センターが事務局を担っており、6地区の均衡ある発展を目的として作られた団体で、今年は持ち回りで小田会が会長です。本日は市長との意見交換の場を設けていただきました。市の広聴の仕組みが多様化しているなか、これまでの市への要望活動を見直し、尼崎城の再建や今秋の歴史博物館の開館を契機に、各地区の歴史文化を活かしたオール尼崎の魅力向上に向けた取り組みと、各地域の活動や交流を支えていく機能を強めていってはどうかという協議が進んでいます。「六星会」がその伝統を踏まえつつ、活性化していくことを祈念しております!

 

6月25日(木曜日)小田南生涯学習プラザが新しくなりました

小田南生涯学習プラザ

 新しく生まれ変わった小田南生涯学習プラザに行ってきました!
 新しいプラザには、小田会より記念樹、記念碑と3階ホールの緞帳を、琴ノ浦ライオンズクラブよりかつての水害を忘れないための高潮標を、そして丸一興業株式会社より段ボール製の軽くてお洒落な机・椅子(bolda製品)やレターラックをご寄付いただいており、みなさまに感謝状をお渡ししました。
 プラザ内の地域振興センターでは、新型コロナにかかる総合サポートセンター窓口を担うとともに、感染予防対策を実施しながら市民・地域活動拠点としての機能を再開しつつあります。今日は若手職員がユース交流センターのサテライト機能の充実に向けて打ち合わせをしていました。小田地区には近松門左衛門ゆかりの広済寺があり、プラザには「近松」「門左衛門」という2つ一緒につなげて使うことができる部屋も!その他音楽室や和室、ホールなど、ぜひ皆様に大いにご活用いただきたいと思います!

 

6月24日(水曜日)6月定例会閉会

6月定例会閉会

 市議会6月定例会最終日。初日に提案した議案はすべて可決されたほか、農業委員会委員の選任にかかる人事案件と、コロナ対策にかかる補正予算案を追加提案。どちらの議案も可決されました。補正予算案は本会議休憩後に委員会が開かれご審議をいただきました。尼崎市議会は7月に役員改選が行われるので、今期の議会運営委員会委員メンバーは本日が最後ということで、本日は議運の現委員、新委員それぞれの皆様にご挨拶させていただきました。


 

6月23日(火曜日)令和2年度第1回 尼崎市生涯学習審議会

令和2年度第1回 尼崎市生涯学習審議会

 新型コロナの影響で延期になっていた生涯学習審議会がWEB会議で開催されました。本日のテーマは、今後の生涯学習推進についての評価指標をどのように設定するかについて。行政が何をしたかではなく、地域やまちの人が何をどのように学んだかが大切。数値化より成功、失敗両方の事例共有が重要。不登校生徒や外国人などへ「学びを保障する」機能はしっかり位置づけを。全体目標と地域ごとの重点取組両方あってよい、などなど大事な指摘をたくさんいただきました。また、生涯、学習!推進課だけでなく現場の地域課職員が参画して協議するプロセスや、地域の人にもわかりやすい文言や言葉遣いの重要性などにも指摘をいただきました。本日のご意見を踏まえて、たたき台をバージョンアップさせる作業を進めます。

 

6月22日(月曜日)定例記者会見

定例記者会見

今回の定例記者会見の内容は以下の通り。
1.尼崎市版SDGsのリーフレットを発行
 力作です!本市では「ひと咲き まち咲き あまがさき」の総合計画を羅針盤に、「ありたいまち」に向けた「16の施策」に取組み、持続可能なまちづくりを進めています。これらの取組をSDGs(国連が定めた持続可能な開発目標)の「17のゴール」の切り口から編集し、取組内容をコラムなどを交えながら紹介したのが、このたびの「尼崎市版SDGs」リーフレットです。市の取組だけでなく市内企業の取組も。これを通じて「SDGs」&「尼崎のまちづくり」への関心が高まり、多様な連携が進むことを期待しています。ご希望の方は最寄りの生涯学習プラザ等の公共施設や商工会議所、もしくは尼崎市総合政策局都市政策課まで。

2.尼崎版「SDGsスマートマンション」の第1号を認定しました
 本市では「脱炭素社会」の実現にむけ、環境性能の高い住宅の普及を目指して取り組みを進めていますが、この度、尼崎版「SDGsスマートマンション」の第一号が認定となりました!阪急塚口駅南側のさんさんタウン3番館の建替えに伴う新しいマンションで、電力使用量が見える化されるHEMSの導入、本市で導入予定のポイント制度との連携や駐輪場の整備など総合的な取り組みをされるマンションに対し、建築時に補助金を交付するもので、今回のマンション全体では、通常に比べ年間95tのCO2削減を見込んでいます。定住・転入は促進、でも温室効果ガスは増やさないという挑戦です。(このほか一戸建て版の補助制度は昨年度からスタートしていて、すでに58戸に導入されています。)
詳細は下記をご覧ください。
 

6月19日(金曜日)第11回尼崎市新型コロナウイルス感染症対策本部員会議

第11回尼崎市新型コロナウイルス感染症対策本部員会議

 第11回新型コロナ対策本部員会議を開催。6月19日より兵庫県でも観光キャンペーン「Welcome to Hyogo」がスタートするとともに、施設やイベントごとに利用者に登録してもらう通知システムの活用が7月上旬から始まることを受け、尼崎市においてもシステムの積極活用の方針を確認しました。また、本市の取組状況ならびに各種相談の状況について確認、共有しました。



 

6月17日(水曜日)尼崎市公式Youtubeチャンネルはじめます

尼崎市公式Youtubeチャンネルはじめます


 尼崎市の公式Youtubeチャンネルを立ち上げることになりました。すでにいくつかの分野で動画配信が始まっているので、まとめて公式チャンネルにします。本日はチャンネル立ち上げにあたっての市長メッセージ動画を撮影。チャンネルは近日中に公開されますので、みなさま是非ご覧ください!




 

6月15日(月曜日)JCに感謝状贈呈

JCに感謝状贈呈

 尼崎JC(青年会議所)よりマスクの寄付をいただき、感謝状を贈呈しました。有言実行、フットワークの軽さが特徴のJCの皆様。新型コロナの影響で思うように活動ができずもどかしいとのことでしたが、秋以降には防災や地域を元気にするイベントを企画できればとのこと。ぜひ市とも連携を、とお願いしました。ご寄付いただいたマスクは有効に活用させていただきます。ありがとうございました。



 

6月15日(月曜日)消費者協会50周年

消費者協会

 尼崎消費者協会50周年記念感謝の集いに参加しました。同協会は50周年をもって活動に区切りをつけ、解散されます。長きにわたる活動に敬意と感謝を表します。消費者相談の委託、レジ袋削減などの協定事業、市へのご寄付など、本当にお世話になりました。解散は寂しいことですが、発展的解消とも思います。国に消費者庁ができて相談機能、注意喚起や指導の仕組みが充実しました。この7月からはレジ袋が有料に。消費者運動は着実に社会を変えていきました。もちろん、相談やトラブルは新しいものが発生しており、終わりはありません。消費者相談は市の直営で引き続き実施していきます。消費者としての学習、賢い行動が今後も根付いていくよう、協会は解散しても、皆様の今後のご活躍とお力添えをお願いしました。

 

6月12日(金曜日)尼みつ、いただきました

6月12日

 工業専用地域の臨海部にある鉄工団地でつくられている「尼みつ」。あまがさき21世紀の森を含め、本市臨海部の「緑化」「緑花」が進むなか、銀座のビルの屋上でも養蜂に成功したという銀座ミツバチの取組に負けじと始まったそうです。毎年届けられる「尼みつ」を味わうにつけ、工場エリアにも花と緑が増え、本市の環境が着実に向上していることを実感して嬉しくなります。産業と環境のまち尼崎ならではのプロジェクト、そして何より美味しいです!


 

6月10日(水曜日)6月市議会一般質問

6月市議会一般質問


 本日は市議会の一般質問。通常は3日間ですが、新型コロナウイルス対策にご配慮いただき、質問時間を短縮して1日の一般質問でした。この間のコロナ対策における課題や今後に向けての提案など、密度の濃いやり取りとなりました。この後は各委員会での審議です。



 

6月9日(火曜日)6月市議会定例会 開会

6月議会本会議

 本日より、第18回市議会定例会(6月議会)が開会しました。市議会議員の月額報酬や政務活動費を減額する条例が議員提案され、可決されたのち、私から迅速なコロナ対策事業実施のため行った専決処分の報告や補正予算案、コロナ以外の案件も含め、報告2件(補正2件)、補正予算1件、条例案9件、その他案件3件を提案。補正予算では、コロナ第2波への備えや地域経済支援関係のほか、コロナ対策のための寄付金を受ける基金の設置ならびに議員と市長の報酬カット分の基金への積み立てなどを計上しています。

 

6月7日(日曜日)あまがさき観光局の事業部長採用面接

観光局面接

 新型コロナの影響でスケジュールが延期になっていた観光局の事業部長採用面接を実施しました。民間の人材をぜひ!と募集したところ400名以上の応募をいただき、本日は最終面接として11名の方とお会いしました。もう、どの方も一緒に働いてみたいと思う方ばかりで嬉しい悲鳴。能力の優劣ではなく、今のあまがさきの観光事業と観光局という組織に必要なセンスとマネジメント能力という観点から選考しました。新型コロナウイルスは観光にも大きな影響をもたらしていますが、あまがさきの観光はもともと従来型で勝負する予定ではありません。新たなメンバーも迎え、柔軟な発想で取り組んでいきたいと思います!

 

6月5日(金曜日)尼崎健康医療財団理事会

尼崎健康医療財団理事会

 (公財)尼崎健康医療財団の理事会を開催しました。今月末の評議員会の開催、昨年度の事業報告と決算を審議し、今年度が最終年度となる経営計画の進捗報告や、新型コロナ感染症への対応や影響について共有しました。医師会の皆様の協力を得て財団が運営している休日夜間急病診療所では、感染拡大予防のためにテントを活用して発熱患者の診察にあたってもらっています。現場にはご苦労をおかけしていますが、引き続き適切に役割を果たしていけるよう、取り組んでいきます。

 

6月4日(木曜日)高齢者福祉のためにご寄付をいただきました

高齢者福祉のためにご寄付をいただきました

 高齢者福祉向上のためとして多額のご寄付をくださった𠮷川幸治さんへ、本日感謝状をお渡ししました。𠮷川さんはお世話になった地元の老人クラブに寄付を打診されたのですが、老人クラブ役員の皆様が市への寄付を進めてくださり、当初予定よりかなり多額の寄付を市にいただきました。お受け取りしたご寄付は、ご希望に沿うよう、地域の老人クラブなど、高齢者の方々のつながりや生きがいづくりのために活用させていただきます。𠮷川さん、ありがとうございました。

 

6月4日(木曜日)第1回尼崎市人権文化いきづくまちづくり審議会

第1回 尼崎市人権文化いきづくまちづくり審議会

 本市ではこの3月に、みんながお互いに尊重し、尊重されて暮らしていけるまちを目指して「尼崎市人権文化いきづくまちづくり条例」を制定しました。そして、具体的な取組を進めていくにあたり、「尼崎市人権文化いきづくまちづくり計画」を策定するため、さまざまな分野で人権について深い知見をもつ方々に審議会委員となっていただきました。本日はその第一回審議会を開催し、会長に諮問書をお渡しししました。各分野から熱意ある先生方に参画いただくことができて心強い限りです。

 

6月3日(水曜日)ZERO商事株式会社へ感謝状を贈呈

ZERO商事株式会社へ感謝状を贈呈


 この度ZERO商事株式会社さんよりマスクの寄付をいただけることとなり、感謝状をお贈りしました。外国人の人材派遣を中心に全国展開されている大阪本社の企業で、近く尼崎市内でも営業所開設を予定されているとのこと。今後も連携をお願いしました。この度はありがとうございました。 



 

6月2日(火曜日)政策推進会議

政策推進会議

 今年度に入って以降、Web会議形式で政策推進会議を行っています。
 本日の政策推進会議の議題は、第18回尼崎市議会定例会市長提出案件についてでした。尼崎市議会はコロナ対応として、災害時と同様に閉会中も連絡会を設置して活動されており、市のコロナ対応に配慮した議事進行や専決処分による迅速な予算執行などに多大なご理解とご協力をいただいています。6月9日に開会、10日に一般質問が行われます。
 その他、あまらぶアートラボ(A-Lab)による、マンションのベランダから演奏を楽しんでいただく「A-Lab@HOMEコンサート」の開催や、A-Labゆかりのアーティスト達の動画配信「A-Lab@HOMEワークショップ」について情報共有しました。

 

6月1日(月曜日)みなさまのご協力に感謝します

みなさまのご協力に感謝します

 6月1日より、兵庫県においても、新型コロナウイルス感染症対策にかかる店舗等への休業協力要請が全面解除となりました。4月7日の緊急事態宣言発令以降、市民の皆様、事業者の皆様には感染拡大防止に多大なご協力をいただき本当にありがとうございました。しかしながら新型コロナは完全に終息したわけではなく、市民生活・地域経済と感染防止の両立を目指す「新しい生活様式」の定着に向けた取り組みが始まります。引き続き、オールあまがさきで取り組んでいきたいと思います。今後もご協力をよろしくお願いします。

 さて、この新型コロナへの対応が続いている間、多くの方々からマスクや防護服などの寄付をいただいています。本日は、尼崎南ライオンズクラブさんよりマスクの寄付をいただき、感謝状をお渡ししました。新型コロナ感染拡大防止のために頂いたご寄付の情報は、以下のページで公開していますので、是非ご覧ください。みなさまの温かいご支援、ご協力に心より感謝いたします。
 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009