令和3年経済センサス-活動調査の実施について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1024402 更新日 令和3年8月11日

印刷大きな文字で印刷

令和3年経済センサス-活動調査の実施について

令和3年経済センサス-活動調査が実施されます。

令和3年6月1日を期日として、令和3年経済センサス-活動調査が実施されます。

すべての事業所が対象(下記概要欄に記載の対象外事業所を除く)となる調査であり、5月下旬以降、調査員証を携帯した調査員が訪問しますので、事業所の皆様はご協力よろしくお願い致します。

なお、本市では、新型コロナ感染症対策の一環として、調査員による調査票の回収を行わず、インターネットでの回答か、郵送による回答のいずれかとしております。

安全で便利なインターネット回答をぜひご利用ください。

調査の目的

経済センサス-活動調査は日本国内の全産業分野における事業所と企業の経済活動状態を、明らかにすることを目的とした統計調査です。

 経済センサス調査には、事業所・企業の基本的構造を明らかにする「基礎調査」と事業所・企業の経済活動の状況を明らかにする「活動調査」から成り立っており、今年は「活動調査」の実施年となります。

調査の結果は、行政における政策立案や民間での経営計画を行っていく上での参考資料として活用されます。

事業所とは

この調査における「事業所」とは、物の生産や販売、サービスの提供などの経済活動が単一の経営主体のもとで、一定の場所を占めて、従業者と設備を有し、継続的に行われているものをいいます。
例えば、商店、旅館、工場、倉庫、銀行、学校、神社・寺院、病院、学習塾など、一定の場所を占めて、従業者と設備を有し、継続的に事業活動を行っている場所が事業所です。ただし、同じ場所にあっても経営者が異なる場合は、別の事業所となります。

調査の概要

「令和3年経済センサス-活動調査」の調査の概要

外部リンク

令和3年経済センサス-活動調査(国のホームページ)

https://www.e-census2021.go.jp/

新型コロナウイルス感染防止対策

新型コロナウイルス感染防止のため、調査書類の配布について、皆様と調査員の接触をできる限り少なくするよう心掛けて調査を実施します。(※ご不在やお声掛けが難しい場合等、郵便受け等に投函させていただいております。)

調査の流れ

調査の流れ

1.インターネットで回答する場合

配布されるインターネット回答利用ガイドをご覧いただき、ご回答ください。

2.郵送で回答する場合

紙の調査票に必要事項を記入のうえ、同封している「郵送提出用封筒」に入れて郵便ポストに投函してください。

 

秘密は保護されます。

調査にご回答いただいた内容は、「統計法」の規定により適正に管理されています。秘密の保護に万全を期していますので、ありのままをご回答ください。

なお、ご回答いただいた内容は「統計法」に定められている利用目的以外(税務資料など)に使用することはありません。

インターネット上のデータの送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために暗号化処理を行っています。

「かたり調査」にご注意ください。

調査員は、兵庫県知事に任命された地方公務員で「調査員証」を携帯しています。

経済センサス‐活動調査をよそおった不審な訪問者や電話・電子メールなど、不審に思った場合には回答せず、速やかに、このページの最下段の尼崎市の連絡先にご連絡ください。

コールセンターのご案内

1.調査票の記入方法など調査全般についてのお問い合わせ

0120-430-103

2.インターネット回答についてのお問い合わせ

0120-619-730

※コールセンターへの通話料は無料です。

このページに関するお問い合わせ

総務局 情報公開・統計担当(情報統計担当)
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町1丁目5番20号 市政情報センター1階
電話番号:06-6489-6150
ファクス番号:06-6489-6205
メールアドレス:ama-tokei@city.amagasaki.hyogo.jp