アウクスブルク市民団が尼崎市を訪問

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1006855 更新日 平成30年2月21日

印刷大きな文字で印刷

 姉妹都市提携50周年を記念して、平成21年4月21日(火曜日)にアウクスブルク市民団(21名)が本市を訪問しました。

「寺町」見学

写真2
寺町見学の様子

 午前中は「寺町」を見学しました。ボランティア・ガイドさんの丁寧な解説に熱心に耳を傾ける市民団の皆様の様子です。本興寺、長遠寺を見学し、アウクスブルク市とは趣きが異なる町並みに、市民団の皆様は興味深そうに見学されていました。

「尼崎市立文化財収蔵庫」見学

写真3
尼崎市立文化財収蔵庫見学の様子

 昼食後は4月9日にオープンしたばかりの尼崎市立文化財収蔵庫を見学しました。到着時には、文化財収蔵庫の職員及び市民の方々に拍手でお出迎えいただきました。また、職員から尼崎市の文化財についてわかりやすい説明があり、市民団は尼崎市民のもてなしの心に胸を打たれた様子でした。 
 旧城内中学校の建物ということもあり、実際に学校で使用されていた机とイスに座って日本の学校の様子を知り、「糸作り」の体験の中で市民ボランティアの方たちと触れ合い、充実した時間を過ごしておられました。

尼崎市役所表敬訪問

写真4
尼崎市役所表敬訪問の様子

 文化財収蔵庫見学後は、尼崎市役所を表敬訪問しました。自己紹介を兼ねてお一人お一人から感想をいただきました。アウクスブルク市からは記念品として「プッペンキステの操り人形」をいただきました。アウクスブルク市からのこれまでの記念品は、市役所北館2階に展示しておりますので是非ご覧ください。一方、尼崎市からは記念品として、「作業所(ぐろ~りあ)作成の名前入り楯」を贈りました。この楯には高校生連絡会議HLC(ハルカ)提供の姉妹都市提携50周年記念ロゴとキャラクターが彫り込まれています。

「つかしん」見学

写真5
つかしん見学の様子

 表敬訪問後は「つかしん」を見学しました。「つかしん」はその外観等にアウクスブルク市の町並みを再現しており、2階にはアウクスブルク市コーナーがあります。また、至る所にアウクスブルク市章に使われている「松ぼっくり」が描かれています。市民団は施設見学後、自由行動をとり、思い思いのお土産を購入し、楽しい時間を過ごされました。

市民交流会

写真6
市民交流会の様子
写真7
市民交流会の様子

 夜は市民団を歓迎しての市民交流会がホテル「ホップイン」アミングで開催されました。市民交流会では市民団21名を含め、総勢85名の参加者が姉妹都市提携50周年を一緒に祝いました。
 演目では、尼崎市立武庫公民館で毎月3回活動しているフォークダンスグループ「ダンシングフレンズ」の皆様が、ドイツのフォークダンス等を披露してくださいました。また、最後は全員で輪になってフォークダンスを踊り、大変盛り上がりました。 

姉妹都市提携50周年記念キャラクター

  姉妹都市提携50周年を記念し、今後も市内各所で記念事業を開催していく予定です。是非ご参加ください。新しい発見があるかもしれません!

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 文化振興担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:
06-6489-6385(文化振興)
06-6489-6017(国際交流)
ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:
ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp(文化振興)
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)