(仮称)尼崎市手話言語条例(骨子素案)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1007573 更新日 平成30年2月26日

印刷大きな文字で印刷

案件名
(仮称)尼崎市手話言語条例(骨子素案)
募集期間
平成29年9月8日(金曜日)から平成29年9月28日(木曜日)まで
担当課

健康福祉局 障害福祉担当(部) 障害福祉政策担当

募集の趣旨

手話が言語であるとの理解を拡げ、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に認め合う社会の実現を目指し、(仮称)尼崎市手話言語条例を制定するにあたり、市民の皆様のご意見を募集します。

閲覧場所

市役所(障害福祉政策担当)、市政情報センター、各地域振興センター、阪急塚口サービスセンター、園田東会館、中央・北図書館、市ホームページ

提出方法

持参

市役所 中館8階 障害福祉政策担当(課)

郵送

660-8501 尼崎市役所障害福祉政策担当あて(住所不要)

ファックス

06-6489-6351(障害福祉政策担当あて)

電子メール

ama-shogaikeikaku@city.amagasaki.hyogo.jp

書式について

書式は特に定めてはおりませんが、次の項目を記入の上、日本語でお願いします。

1.住所・氏名

(注)住所、氏名が未記入のものについては、ご意見として取り扱いができませんのでご記入願います

2.案件名:(仮称)尼崎市手話言語条例(骨子素案)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。