【令和4年6月】まちの話題 まちの笑顔

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1030823 更新日 令和4年6月13日

印刷大きな文字で印刷

上坂部西公園で「奄美~島を彩る植物展」開催中!

上坂部西公園展示の写真1

上坂部西公園展示の写真2

上坂部西公園で、奄美の植物を知るイベント「奄美〜島を彩る植物展」が開催されています。

同公園の温室は、今年で建設50周年を迎えます。建設当初に展示植物が集まらず困っていた際、奄美市から多くの植物が本市に寄贈され、中でも奄美市と本市の友好のシンボルであるガジュマルは、現在も温室で大切に育てられています。
今回の展示では、ガジュマルをいつもより間近で見ることができます。

また、50周年を記念するイベントとして、植物ガイドツアー、奄美群島で撮影された希少な動植物の写真展、奄美出身者の有志による三線の演奏、郷土菓子の販売などが行われます。
なお、一部催しは11日、12日のみの開催ですが、同展示は6月19日まで楽しむことができます。

イベントの詳細は、尼崎緑化公園協会のイベントページをご覧ください。

園田南小学校の児童らが「田植え体験活動」学習を行いました

園田南小学校の児童らが田植え体験を行う写真1

園田南小学校の児童らが田植え体験を行う写真2

6月1日、園田南小学校5年生の児童らが、地域の方の協力により、校区内にある田んぼで「田植え体験活動」学習を行いました。

田んぼに入るのは初めての児童たちは、ドロドロとした土の感触に戸惑いながらも、おそるおそる足を入れます。先生が作成した手作りの田植え紐で植える位置を確認しながら、苗を手植えしました。
「うわぁ、足が沈んでいきそう」「土の感触が冷たい」と、ひとりひとり違う感想をもらす児童らの姿が印象的でした。

田植えのあとには、農機の使い方や役割を、地域の方にていねいに教えてもらいました。
体験を終えた児童たちは、「楽しかった」、「植えたお米を食べたい」と喜びの感想を口にしていました。
児童らは、収穫まで定期的に観察を行い、引き続き学習を行っていきます。

都市部でありながら自然が残る地域がまだまだある本市の魅力を、今回の貴重な体験を通じて知ることができ、改めて地域とのつながりの大切さを感じました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 広報課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6021
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:
ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp (市報あまがさき等)
ama-koho2@city.amagasaki.hyogo.jp (あまっこ・尼ノ國等)