名和小学校(市報あまがさき令和2年2月号掲載)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1019731 更新日 令和2年2月3日

印刷大きな文字で印刷

名和小学校(市報あまがさき令和2年2月号掲載)

実際に見て学ぶ体験学習を通して

本校では、実際に見たり聞いたりして学ぶことを大切にしています。

例えば、4年生の社会科の学習で「ゴミのしまつと活用」という単元があります。今年は、自分たちが出したごみがどうなっていくのかを見て、身近な環境について考えるきっかけになるように、ごみ出前授業を行いました。

子どもたちはごみに関する◯×クイズをしたり、本物のパッカー車やプレス車で、実際に自転車などを圧縮していく様子を見せてもらったりしながら、ごみについて学習しました。

これからも、体験して学ぶことを通して、心豊かに学び続ける「名和っ子」を育んでいきます。

 

「健康でがんばる子」を育てるクラブ活動

本校は、教育目標の一つに「健康でがんばる子」を掲げており、クラブ活動などを通して取り組んでいます。

クラブ活動は年に10回行っていて、アクロバットクラブやコンピュータクラブなどがあります。

アクロバットクラブでは、4~6年生混合のグループを作り、前転や後転、倒立といった基礎的な技から、前方倒立回転跳び(ハンドスプリング)や後方倒立回転跳び(バク転)といった発展的な技まで練習しています。子どもたちはお互いに補助し合ったり、アドバイスを送り合ったりしながら、一人ひとりが向上心を持って取り組んでいます。

また、コンピュータクラブでは、プログラミングソフトを使い、ゲームを楽しんだり、友達同士で試行錯誤しながら、算数の学習をしたりしています。

来年度からはプログラミング教育が始まるので、クラブ活動と合わせて、情報社会に適応できる能力も養っていきます。

ごみに関するクイズのようす

クイズを楽しみながらごみについて学びました

アクロバットクラブの様子

アクロバットクラブでは発展的な技まで練習しています

パソコンクラブの様子

子どもたちは真剣な表情でパソコンに向かっています

データ

校章

名和小学校:兵庫県尼崎市名神町3丁目1-51。

電話番号:06-6428-0114