たばこ まちのみんなが快適に暮らすために(市報あまがさき平成29年8月号)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1010731 更新日 平成30年4月23日

印刷大きな文字で印刷

たばこは、喫煙により数多くの健康被害が指摘されるとともに、受動喫煙が喫煙者以外の人の健康に影響を与えることも明らかになっています。また、路上喫煙や歩きたばこが、他人へのやけどや吸い殻のポイ捨てといった社会的問題も引き起こします。今月号ではたばこの影響や、本市のたばこへの取り組みについて紹介します。

受動喫煙の影響

受動喫煙とは

受動喫煙とは、健康増進法第25条で「室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう」と定義されています。

どんな影響があるの?

受動喫煙を受けている人は、肺がんや脳卒中、虚血性心疾患、乳幼児突然死症候群(SIDS)などにかかるリスクが高くなると言われています。

世界から見た日本

厚生労働省は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「たばこのないオリンピック」を推進することとしており、健康増進法の改正による受動喫煙対策の強化を検討しています。日本での受動喫煙対策は、WHO(世界保健機関)によると、4段階評価の「最低レベル」といわれており、早急な対策が求められています。

自身と周囲の人の健康のために禁煙を考えてみませんか?

薬で楽に禁煙できるようになりました

自分自身や家族の健康のために、禁煙してみようかなと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。
アンケートでも喫煙者の約3割が「喫煙をやめたい」と考えているという結果が出ています(「平成28年 尼崎市健康づくりアンケート調査」より)。薬を使えば禁煙は難しくありません。

本市では、毎月22日は「禁煙スタートデー・スワンスワン相談の日」として禁煙相談も行っています。

禁煙への初めの一歩を踏み出してみませんか。

禁煙にかかる費用

薬での禁煙

あなたの喫煙マナー、本当に大丈夫ですか?

スワンくん画像
歩きたばこ抑制キャラクター
みちばたスワンくん

NO!歩きたばこ!!

たばこから出る副流煙は、たばこを吸わない人にとって煙や臭いなどの問題があるため、とても不快なものです。
また、たばこの火の温度は約700℃にもなるため、たばこの火がほかの人に当たってやけどや大きなけが(失明など)を負わせてしまうこともあります。
歩きたばこはやめて、喫煙所を利用しましょう。

出火原因グラフ
出火原因グラフ
(平成28年)

NO!ポイ捨て!!

たばこの吸い殻のポイ捨てはまちを汚すだけではなく、火災の原因にもなっています。
平成28年に市内で発生した火災(101件)の出火原因の約2割がたばこによるものです。
また、駅の周辺などで吸い殻のポイ捨てが目立ちます。
吸い殻のポイ捨てはやめましょう。

JR尼崎駅南側に喫煙所がオープンしました

6月23日金曜日、JR尼崎駅南側に喫煙所がオープンしました。
喫煙は灰皿のある場所でお願いします。
マナーを守って快適なまちへ。

喫煙所外

喫煙所内

表紙はこの人!

今月号の表紙は「やめよう!歩きたばこ」のたすきを掛けて子どもの見守り活動を行っている長洲・清和子ども見守りグループの梶原啓司さんです。同グループの坂本登さんと一緒に、たばこのマナーについて語っていただきました。

現状について

梶原 歩きながらたばこを吸う人はあまり見掛けませんが、自転車やバイクに乗りながら吸っている人はいます。あと月曜日は吸い殻のごみがたくさん落ちているので、近所の人が自主的に掃除してくれています。

坂本 通学路なのに火を消さずに捨てているのか、フィルターまで燃えている吸い殻もあります。それでも昔に比べるときれいになりました。

マナーを守ってね

梶原 私たちの活動が歩きたばこの抑制につながっていればうれしいです。子どもたちの安全やまちの美化のためにも、歩きたばこや吸い殻のポイ捨てはなくなってほしいです。

坂本 例年、これからの祭りの季節は吸い殻のポイ捨ても増えますが、マナーを守ってくださいね。

長洲・清和子ども見守りグループ

本市ではたばこ対策についてのルール作りを進めています

「たばこ対策推進プロジェクトチーム」で、たばこについてのルール作りを進めています。
詳しくは事業推進担当(06-4869-3033)へ。

編集後記

「禁煙」と聞くと苦労するイメージがありましたが、薬で簡単にできると知り驚きました。禁煙しようかなと思っている方は、一度禁煙相談に行ってみてはいかがでしょうか。東京オリンピック・パラリンピックを前に、たばこを吸う人も吸わない人も、互いを尊重しながら快適なまちづくりが実現できればと思いました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 広報課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6021
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:

  • ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp (市報あまがさき等)
  • ama-koho2@city.amagasaki.hyogo.jp (あまっこ・尼ノ國等)