春到来!歩こう尼崎(市報あまがさき平成27年4月号)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1007199 更新日 平成30年3月28日

印刷大きな文字で印刷

画像

ウオーキングに適した暖かい季節がやってきました。家族や友達と尼崎のまちを歩いてみませんか。ここでは、ウオーキングについて知っておきたい知識やイベント、市内のお薦めコースを紹介します。詳しくはスポーツ振興課(電話番号06-6489−6752)へ。

ウオーキングの前に

画像

ウオーキング豆知識

どうしてウオーキングは健康にいいの?

  • 歩き続けると、脂肪がエネルギーに変わるため、肥満の解消や血圧・血糖値の改善になります。足腰への負担が大きいジョギングに比べて継続しやすいため、生活習慣病の予防に最適です。
  • 歩くことで骨が強くなり、骨粗しょう症の予防になります。
  • 適度に体を動かし、景色を楽しむことでストレスを解消できます。

家族や友達と歩いてみよう

市内にはウオーキングにお薦めのコースがいくつかあります。
ここでは、サクラやバラなど春の花を楽しみながら、尼崎の歴史にふれることができるウオーキングコースを紹介します。阪急武庫之荘駅をスタートし、大井戸公園や十三重塔を巡りながら西武庫公園まで歩き、再び同駅に戻ります(約6キロメートル)。

マップ

画像

大井戸公園

園内には、古墳時代後期に造られた直径約13mの円墳があります。また、5月・10月の中旬~下旬には約2,000本のバラが楽しめます

画像

守部素盞嗚神社(守部十三重塔)

境内にある十三重塔は鎌倉時代後期に建てられたと考えられています。塔身の四面には、仏などを表す梵字(ぼんじ)が刻まれています。6層目以上は後代のものです

画像

西武庫公園

園内には約500本の桜があり、毎年多くの花見客でにぎわいます。ほかにも春にはバラやサツキ、梅雨の時期にはハナショウブが咲き、憩いの場となっています

画像

西武庫須佐男神社(西武庫十三重塔)

境内にある十三重塔は、県指定重要文化財で、鎌倉時代後期に建てられました。一番上の相輪は新しいものです。阪神・淡路大震災のときに倒壊し、その後、仏座像が刻まれた塔身が盗難に遭いました。現在は、仮の土台で支えています

編集後記

今回の誌面には掲載できませんでしたが、実は、西武庫公園よりまだ北にある「六樋(ろくひ)」まで、取材に行ってきました。

六樋は、武庫川から農業用水を取り入れる樋門です。昔は、武庫川の左岸に6つの取水樋があったそうですが、大正時代に着工された武庫川の改修に伴い、1カ所に集められたのが、この六樋です。何気なく通り過ぎると見過ごしてしまいそうな、ひっそりとした樋門ですが、田園地帯だったころの武庫地区の歴史を伝えてくれる存在です。立派な石碑も建っていますので、ウオーキングをされる際には、ぜひ少し、足を延ばしてみてください。

(担当Y)

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 広報課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6021
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:

  • ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp (市報あまがさき等)
  • ama-koho2@city.amagasaki.hyogo.jp (あまっこ・尼ノ國等)