小規模事業者持続化補助金(一般型、コロナ特別対応型)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021518 更新日 令和2年6月16日

印刷大きな文字で印刷

小規模事業者持続化補助金(一般型、新型コロナ対応型)について

【注意】小規模事業者持続化補助金は持続化給付金とは異なります。
当ページは日本商工会議所の小規模事業者持続化補助金について記載しております。
持続化補助金は、新型コロナウイルス感染症対策で新設された補助金ではなく、販路開拓・生産性向上のために行う取り組みを最大3分の2補助する制度です。

一方、持続化給付金とは、新型コロナウイルス感染症の影響により、売り上げが前年同月比で50%以上減少している法人に最大200万円、個人事業主に最大100万円の給付を行う制度です。
持続化給付金の詳細な条件や申請方法等については、以下のホームページをご覧ください。

小規模事業者持続化補助金の申請について

小規模事業者持続化補助金の申請先は日本商工会議所となります。
また、申請にあたり尼崎商工会議所が発行する事業支援計画書等が必要となります。
申請の詳細につきましては、尼崎商工会議所までお問い合わせください。

尼崎商工会議所
〒660-0881 尼崎市昭和通3-96 電話:06-6411-2251

新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明書の発行について

小規模事業者持続化補助金申請にあたり、加点対象事業者であることを確認する書類として、本市では証明書の発行を行っています。
証明書の発行につきましては、地域産業課(送付先はページ最下部参照)へ必要書類を提出してください。
※一般型は『セーフティネット保証制度4号』または『危機関連保証制度』認定を、コロナ特別対応型は『セーフティネット保証制度4号』認定をそれぞれすでに受けられている方は、認定書の写しで代用可能です。

申請対象者

小規模事業者持続化補助金(一般型)
2020年2月から各締切までの任意の1カ月間(以下「基準月」)の売上高が前年(2019年)同月の1カ月間の売上高に比べて、10%以上減少している事業者等
※6月5日(金曜日)第2回締切提出分をもって一般型の証明書発行は終了しました

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)
基準月の売上高が前年(2019年)同月の1カ月間の売上高に比べて、20%以上減少している事業者等
※コロナ特別対応型証明書は、補助金概算払いを希望される場合に必要となります。証明書取得による加点及び採択結果への影響はございませんのでご留意ください

必要書類

法人の場合
・新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書
・売上台帳等(基準月の売上が分かるもの(任意様式))
・法人事業概況説明書(前年の同月1カ月間の売上が分かるもの)

個人事業主で青色申告書により確定申告をしている場合
・新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書
・売上台帳等(基準月の売上が分かるもの(任意様式))
・青色申告決算書(控)(前年の同月1カ月間の売上が分かるもの)

個人事業主で白色申告書により確定申告をしている場合
・新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書
・売上台帳等(基準月の売上及び前年の同月1カ月間の売上が分かるもの(任意様式))
・白色申告決算書(控)及び前年の同月1カ月間の売上が分かるもの(任意様式)

申請先(郵送先)

〒660-0876
尼崎市竹谷町2-183 出屋敷リベル3階
尼崎市地域産業課

※証明書の発行は持参による申請の場合は即日、郵送で申請の場合は後日となります。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 地域産業課
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番地 出屋敷リベル3階
電話番号:06-6430-9750
ファクス番号:06-6430-7655
メールアドレス:ama-sangyou@city.amagasaki.hyogo.jp