生涯学習プラザ等の開館について(令和2年6月1日から利用再開)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020378 更新日 令和2年8月7日

印刷大きな文字で印刷

生涯学習プラザ等の公共施設の利用再開について

 以下対象施設内の貸室及びロビー等のスペースは、6月1日以降、一定の要件の下で使用可能です。(生涯学習プラザ、庁舎におけるコミュニティスペース・コミュニティルーム等も同様です。)

 しかしながら、7月以降全国的に、感染確認が増加し、兵庫県においても、感染警戒レベルが引き上げられています。尼崎市でも、7月中旬以降、新規感染が多く確認されていますので、改めて感染拡大を防止する観点から、マスクを着用し、手洗い・アルコール消毒等を行うとともに、3密を避けながら、施設のご利用をお願いします。
 また、来館前には検温していただき、37.5度以上の発熱や、咳・咽頭痛等の症状がある場合は利用をお控えください。
特にご高齢の方、持病をお持ちの方等は、感染した場合の重症化リスクが高いといわれておりますので、より慎重なご利用をお願いします。

 利用の要件の主なものはこのページ上に記載していますが、詳細は窓口での案内や、施設における掲示や配布資料をご確認ください。

対象施設

・生涯学習プラザ  (12館/中央北・中央南、小田北・小田南・大庄北・大庄南、立花北・立花南、武庫東・武庫西、園田東・園田西)

・地域総合センター (6館/上ノ島、神崎、水堂、今北、南武庫之荘、塚口)

・立花庁舎、園田庁舎

・園田東会館

・女性センター・トレピエ

・あまがさき・ひと咲きプラザ

貸室利用上の主な要件・留意点等

貸室を利用する代表者は、以下のことを実施願います。

・入室者数は貸室定員の1/2以内とすること

・入室者の氏名や連絡先等の情報を把握の上、1カ月程度保管し、求めに応じて保健所等に提供すること

・可能な限り入口等を開放するとともに、こまめに休憩を設け、貸室内の換気を行うこと

・入室者同士は、最低1mの距離をとること(座席の配置、活動時)

・発声による飛沫感染対策として、対面は避け、十分な距離を確保すること。舞台と客席に分かれる場合は、舞台と客席は2m以上の距離をとること

・その他、貸室内で実施する活動の特性を踏まえて、自らの感染を防ぐとともに、他に感染が広がらない為の必要な対策を工夫すること

・利用後に、テーブル、椅子、使用した場所等の清拭消毒をすること(薬剤等は貸出)

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 生涯、学習!推進課
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺2丁目18番5号 あまがさき・ひと咲きプラザ アマブラリ2階
電話番号:06-4950-0387
ファクス番号:06-6491-5190
メールアドレス:

  • ama-syogaigakusyu@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-ucma@city.amagasaki.hyogo.jp(みんなの尼崎大学事務局)