尼崎城プロジェクト クリアファイルのクイズの答え

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1010394 更新日 平成30年4月9日

印刷大きな文字で印刷

尼崎城プロジェクト クリアファイルのクイズの答え

尼崎城プロジェクトのクリアファイルのクイズの答え

イベント等でお配りさせていただいた、尼崎城プロジェクトクリアファイルには尼崎城に関するクイズが載っています。

このページには、クリアファイルのクイズの答えを掲載しています。

尼崎城の天守の位置について

尼崎城の本丸には、1つの天守と3つの櫓がありましたが、天守は本丸のどの方角にあったでしょうか?

1 南西  2 北西  3 北東 

 

答え:3 北東

本丸は城の中心に位置する約100メートル四方の方形の郭で、北東隅に4層の天守。他の3隅には3層の武具櫓(ぶぐやぐら)・伏見櫓(ふしみやぐら)・塩噌櫓(えんそやぐら)が置かれ、武器庫・食料庫等として使用されていたと思われます。

尼崎城の堀の水深について

尼崎城の堀の水深は、深いところで何メートルあったでしょうか?

1  約3.6メートル  2  約2.7メートル  3  約1.8メートル

 

答え:2 約2.7メートル

城内の堀の深さは場所によって満潮時3.5尺~9尺まであり、資料によると一番深いのは松の丸東側の内堀の9尺(約2.727メートル)だそうです。
 

尼崎城全体の敷地の大きさについて

尼崎城の敷地は甲子園球場の約何倍の大きさだったでしょうか?

1  約5.0倍  2  約3.5倍  3  約2.0倍

 

答え:2 約3.5倍

尼崎城は、1618年から現在の北城内・南城内の約300メートル四方に、数年の歳月をかけて築造されました。
幕府は一国一城令により各地の城郭を壊すように命令する一方で、尼崎には甲子園球場の約3.5倍にも相当する敷地、3重の堀や4層の天守を据えるなど、5万石の大名の城としては大きすぎる城をあえて作らせたことなどから、幕府が尼崎を重要視していたことがわかります。

尼崎城が再建される場所について

尼崎城はどの施設の横に再建されるでしょうか?

1  中央図書館  2  文化財収蔵庫  3  地域研究史料館

 

答え:1 中央図書館

尼崎城の本丸は、現在の文化財収蔵庫と明城小学校の位置にありましたが同じ位置に再建できないので、尼崎城の西三の丸に建っている中央図書館の隣の敷地に再建されることになりました。
再建される尼崎城は、中央図書館からはもちろん、阪神尼崎駅のホームからもよく見えるようになります。

再建される尼崎城の天守の高さについて

再建される尼崎城天守の高さは、何と同じぐらいでしょうか?

1  ピラミッド  2  東京タワー 3  原爆ドーム

 

答え:3 原爆ドーム

再建される尼崎城は、鉄筋コンクリート造、地上5階建ての高さ約24メートルとなり、原爆ドーム(高さ約25メートル)と同じぐらいになります。
ちなみに、クフ王のものとされるピラミッドは高さ138.8メートル、東京タワーは高さ333メートルです。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 経済活性課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6670
ファクス番号:06-6489-6491
メールアドレス:ama-keikatsu@city.amagasaki.hyogo.jp