大津市鬼瓦製作現場見学ツアーを行いました!

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1010081 更新日 平成30年3月16日

印刷大きな文字で印刷

大津市へ鬼瓦製作現場見学ツアーへ行ってきました!

シャチ瓦の製作過程の説明を受けている写真

3月10日(土曜日)に、淡路島に引き続き、大津市へ鬼瓦製作現場見学ツアーに行ってきました!

美濃邊鬼瓦工房で2班に分かれて見学させていただきました。

シャチ瓦は一度に成形すると重さでつぶれてしまうので、少しずつ下から積み上げて成形するそうです。瓦の粘土を練る時にも、季節によって配合などを変えるそうで、職人さんの経験と勘が問われるところです。

尼崎城に使われる鬼瓦の写真

尼崎城に使われる鬼瓦です。奥の銀色の瓦は見学2日前に焼きあがったばかりのもの、手前の黄土色の瓦は焼くのを待っているものだそうです。こんなにも色が変わるんですね!

魔除け、厄除けの像の写真

魔除け・厄除けになると言われている鍾馗(しょうき)さん。尼崎城の鬼瓦を焼く際にも、守り神として一緒に窯で焼かれました。

大津市歴史博物館の樋爪館長の説明の写真

工房を後にして、大津市歴史博物館の樋爪館長に企画展「膳所城と藩政について」を解説していただきました。尼崎城初代藩主戸田氏鉄が尼崎の前に治めていたのが膳所藩です。

参加者の方に記名してくださった瓦の写真

淡路島の見学ツアーと同様に、鬼瓦見学ツアー参加者の方にも平瓦に記名していただきました。

ボランティアガイドさんの説明を受けている様子

午後からは地元ボランティアガイドさんと一緒に、膳所神社、緑心寺、膳所城跡公園と戸田氏鉄ゆかりの地を巡りました。

参加者の集合写真

最後は戸田氏鉄がいた膳所城跡で記念撮影。参加いただいた皆様、ありがとうございました!

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 経済活性課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6670
ファクス番号:06-6489-6491
メールアドレス:ama-keikatsu@city.amagasaki.hyogo.jp