勝海舟肖像画や勝海舟直筆日記などを歴史博物館特別展で公開しています

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023591 更新日 令和4年10月28日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市立歴史博物館2回特別展を開催しています。

第2回特別展で勝海舟肖像画や直筆日記を公開しています

勝海舟肖像画
川村清雄が描いた勝海舟肖像画(「江戸城明渡の帰途」東京都江戸東京博物館所蔵)
海舟日記
勝海舟直筆の日記(「海舟日記第十六冊」東京都江戸東京博物館所蔵)

 明治から昭和初期にかけて、板に油画を描き続けた川村清雄(かわむらきよお)と櫻井忠剛(さくらいただかた)という、共に勝海舟と深い縁で結ばれた洋画家師弟がいました。師は生涯を洋画家として過ごし、弟子は人生の後半生を尼崎町長・尼崎市長として送りましたが、弟子は行政に身を投じてからも作画を続け、生涯に渡り師を敬愛し、師の画業を誇りとしていました。

 本展は洋画界では異端とされた師・川村清雄と、洋画界から忘れ去られた弟子・櫻井忠剛の物語です。

 

会期

令和4年10月1日(土曜日)から11月30日(水曜日)まで
月曜日休館(ただし10月10日は祝日のため開館し、翌11日が休館)

開館時間
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
尼崎市立歴史博物館 3階 企画展示室・展示学習室
主催
尼崎市教育委員会
観覧料
無料

記念講演会

日時

令和4年10月29日(土曜日)午後2時から3時30分

会場
尼崎市立歴史博物館 3階 講座室
演題
川村清雄ー櫻井忠剛が求めた師ー
講師
東京都江戸東京博物館 落合則子学芸員
申込
10月5日から電話・ファクスで先着順受付、定員先着70名

展示解説

月日

令和4年10月1日(土曜日)・9日(日曜日)・23日(日曜日)

11月13日(日曜日)・23日(水曜日・祝日)

時間
いずれも午後2時~3時
会場
尼崎市立歴史博物館 3階 企画展示室
案内
尼崎市立歴史博物館 桃谷和則学芸員
申込
事前申込不要、当日直接会場へ、定員先着各20名

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)