歴史博物館からのおねがい

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023536 更新日 令和2年11月24日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市立歴史博物館では、大切な文化財を守り伝え、安全にご鑑賞していただくため、皆様にお願いしたいことがあります。見学ガイドブックにも見学マナーを掲載し配布していますので、お子様連れの方は、これらをお子様にも教えてあげて下さい。また、団体を引率される方も、皆様にご周知ください。歴史博物館も電車内などの空間と同じです。公共マナーを心がけください。

守ってほしい博物館でのマナー

触らない

 歴史博物館には、展示ケースに入れずに露出したまま展示している資料もありますが、貴重な文化財ですので、絶対にさわらないでください。また、展示ケースのガラスに触るのも鑑賞の妨げとなりますのでおやめください。

フラッシュ撮影禁止

 歴史博物館内での撮影は可能ですが、フラッシュを使っての撮影は展示資料の保存に影響があります。また、他の観覧者にも迷惑になりますので禁止します。三脚の使用もやめてください。撮影する際はフラッシュ禁止操作をしてください。わからない時は事務室にお尋ねください。

 特別展等で他の博物館からお借りして展示している資料については、カメラ、ビデオその他の一切の撮影は禁止しています。(携帯電話やモバイルフォン等による撮影もご遠慮ください。)撮影禁止の表示をしています。

飲食はしない

 歴史博物館は文化財を保管し展示するところです。もし、館内で飲食されますとこぼれた飲食物に害虫が集まり、文化財の保存に悪い影響を及ぼします。館内での飲食はおやめください。あめやガムを口に含んでの鑑賞もおやめください。飲みかけの飲み物など、処分に困ったら事務室に声をかけてください。
 飲食は前庭のベンチ等でお願いします。(ただし、ゴミはお持ち帰りください。)

大きな声でしゃべらない

 展示作品を鑑賞しながら感想を話し合うことはとても良いことですが、他のお客様のご迷惑になるような大きな声はご遠慮ください。

ペンを使わない

 ペンのインクが資料に付着したり、シャーペンの芯が飛ぶと資料を傷つけます。
展示室ではえんぴつを使用してください。持ってない人は事務室に声をかけてください。

携帯電話・モバイルフォンは使わない

 歴史博物館内ではマナーモードに設定していただき、通話はご遠慮ください。また、歩きながらの操作は危険ですのでおやめください。

走らない・さわがない

 歴史博物館の中では、走ったり、さわいだりしないようにお願いします。展示ケースにぶつかって壊したり、他の観覧者の迷惑になります。静かに鑑賞してください。

禁煙

 歴史博物館内での喫煙は絶対やめてください。火気の使用も厳禁です。

ペットの同伴は禁止(補助犬を除く)

 ペットには、文化財に悪影響を及ぼす虫や菌が付着している可能性があります。また、他の観覧者に迷惑となる場合もありますのでペット同伴での入館はご遠慮ください。ケージに入れていても不可です。

傘は持ち込まない

 雨の日は、玄関に設置している傘入れのビニール袋をご利用いただくか、傘立てに置いてから入館してください。また、折り畳み傘はバックの中へご収納ください。

その他にも…

 歴史博物館はみんなで展示を観覧し楽しむ場所です。他の観覧者の迷惑にならないよう注意してご鑑賞ください。

  • 危険物、火気の持ち込みは絶対にやめてください。
  • お酒に酔った方は入館をご遠慮ください。
  • 大きな荷物は玄関ホールのコインロッカーに入れましょう。
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しましょう。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策ポスター

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:

ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:

  • ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
  • ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)