小学校・中学校の社会科学習支援

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1019759 更新日 令和2年10月15日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市立歴史博物館の学芸員が市内の各学校で実施される地域学習や昔のくらし体験学習の授業に支援・協力します。
 「栽培・活用支援」は今年も春からスタートしました。「出張授業」・「小学3年生向けむかしのくらし学習支援」については、歴史博物館開館後に、実施内容や方法が決まりましたらお知らせいたします。

栽培・活用支援

今年度の栽培・活用支援の申込みは終了しました。

 尼崎の歴史にゆかりのある農産物を栽培し活用する体験学習活動をサポートします。
 栽培物は綿・藍・さつまいも(尼いも)の3種類です。種や苗を配布、栽培物についての学習や収穫後の藍染・糸紡ぎなどの体験を、学芸員と市民ボランティアが支援・協力します。さつまいもは苗の配布のみの実施です。詳しくは「栽培・活用支援 実施校募集要領」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:

ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:

  • ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
  • ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)