A-Lab Exhibition Vol.30「これまでとこれからのかわるものとかわらないものの日常の近未来」

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1026082 更新日 令和3年10月5日

印刷大きな文字で印刷

A-Lab Exhibition Vol.30「これまでとこれからのかわるものとかわらないものの日常の近未来」

ヘッダー画像

趣旨

あまらぶアートラボ「A-Lab」で展覧会「これまでとこれからのかわるものとかわらないものの日常の近未来」を開催します。

新型コロナウイルスは私たちの日常を変えました。"新しい日常"と言われるようになった暮らしが、いつの間にか意識を変え、新しい基準を作り、私たちはこれまでと違う行動をするようになりました。でも、漠然と"変わっていく"感覚はあるものの、実は誰もこの先がどうなっていくかということは分かりません。本展では、河野愛、さわひらき、玉山拓郎の3人の作家が、日常に溢れるものや、身近に存在しているもの、記憶等様々なモチーフから、そんな近未来に重いを馳せたインスタレーションを展開します。すぐ先のことが見えにくくなっている中で、SF的な視点とは違う「近未来」。私たちの身の回りで、これまでとこれからで価値観が変わっていくもの、いつまでも変わらないものなどを感じて下さい。

また、新型コロナウイルス感染症の感染を防ぐため、対策を行い展覧会を開催します。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

会期

令和3年10月23日(土曜日)から令和3年12月12日(日曜日)

会場

A-Lab(尼崎市西長洲町2-33-1)

時間

(平日)午前11時~午後7時 (土曜日・日曜日・祝日)午前10時~午後6時  
 ※火曜日休館(祝日の場合は、その翌日)

入場料

無料

出展者

河野愛、さわひらき、玉山拓郎

関連イベント

・トークイベント
 兵庫県立美術館の学芸員・小林公さんをゲストに迎え、出展作家とのトークイベントを開催します。

  日時:11月28日(日曜日)午後3時から午後5時
  場所:A-Lab               
  定員:先着15人 ※申込必要

  申込みはメールか電話、ファクスにて10月23日から受付
  メールアドレス:amalove.a.lab@gmail.com
  電話/ファクス:06-7163-7108
  氏名・年齢・電話番号・人数を明記またはお伝えください。
  ※新型コロナウイルスの感染状況によっては、イベントを延期・中止、開催方法を変更すること
     があります

問い合わせ

尼崎市文化振興担当(平日のみ午前8時45分から午後5時30分)
  電話番号 06-6489-6385  ファクス 06-6489-6702
あまらぶアートラボ「A-Lab」
  電話番号/ファクス 06-7163-7108

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 文化振興担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:
06-6489-6385(文化振興)
06-6489-6017(国際交流)
ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:
ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp(文化振興)
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)