新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための軽自動車税(種別割)に係る取扱いについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020579 更新日 令和3年3月31日

印刷大きな文字で印刷

 3輪以上の軽自動車の保有関係手続に関し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、令和3年4月1日を賦課期日とする軽自動車税(種別割)に限り、次のとおり取扱います。
 

本市における課税上の取扱いについて

 3輪以上の軽自動車に係る「解体を伴う自動車検査証返納届出」、「所有者名義変更を伴う自動車検査証返納届出(輸出関係手続も同様)」の手続に伴う軽自動車税(種別割)の申告については、3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したと確認でき、かつ、その事由発生から15日以内に手続がなされたものであった場合、4月以降の申告であっても、3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したことを前提に課税処理を行います。

なお、手続き等の詳細につきましては下記の「軽自動車検査協会」へご確認ください。

減免の申請期限について

 令和2年度軽自動車税(種別割)の減免申請に限り、新型コロナウイルス感染症の影響により納期限内に申請ができない場合は、その影響が及ばなくなった日から2月を超えない範囲内において、減免の申請期限を延長します。
 なお、減免の申請期限の延長の措置を受けるためには、新型コロナウイルス感染症の影響が及ばなくなった日から10日以内に、申請期限までに減免申請をできなかった理由等を記載した書面を提出していただく必要があります。

このページに関するお問い合わせ

資産統括局 税務管理部 税務管理課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:
06-6489-6284(軽自動車税・税証明)
06-6489-6243(税制担当)
06-6489-6270(システム担当)
06-6489-6242(管理担当)
ファクス番号:06-6489-6875
メールアドレス:ama-zeimukanri@city.amagasaki.hyogo.jp