波洲通りのバリアフリー化工事(平成23年度)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1004757 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

工事が完成しました!

こんにちは!小鹿です。

波洲通りのバリアフリー化の工事が終わりました。

下の写真は、整備前とバリアフリー整備後の車道と歩道の状況写真です。

波洲通り完成

波洲通り完成

整備前は、写真のような乗入れがある箇所の歩道は波打っていましたが、整備後は、写真のように車道と歩道の高低差が少なくなり、歩道が波打った状態になっていたのを解消することが出来ました。

また、今回の工事では、歩道の巻き込み部や、横断歩道がある箇所の街渠には、下の写真のようなバリアフリーブロックと呼ばれている波模様のような溝がついた縁石を使用しています。

溝付き縁石

この溝にどのような意味があると思いますか?

例えば、視覚障害者の方が通行する際に、白杖が溝にあたり交差点であることがわかりやすくなる効果があります。また、車いす使用者が通行する際に、車いすが溝の上を通過する際の振動で交差点を渡ったことをわかりやすくなるといった効果があります。

このように、工事で使う材料でも「バリアフリー化」を出来るものを使っています。
みなさんの周りの横断歩道でも使われている箇所があると思うので一度、注意して見てください。

このように、通りやすくなった波洲通りをぜひ通行して、バリアフリー化した歩道を体感してください!

今後も波洲通りの歩道のバリアフリー化工事は続いていきますので、引き続きよろしくお願いします。

では、また!

歩道のバリアフリー化について

こんにちは!道路維持担当のおこげです。

波洲通りの工事は、「歩道を歩きやすくする工事」をしています。このような工事を、専門的な言い方をすると「歩道のバリアフリー化」といいます。
そこで、今回は「歩道のバリアフリー化」について説明します!

最近、よく耳にする機会も増えてきた「バリアフリー」という言葉ですが、辞書には「(バリアは障壁・障害の意)障害者・高齢者などの生活弱者が社会生活を営むうえで支障がないように施設を設計すること」と書いています。かんたんにいうと「障害(バリア)を取り除き(フリー)、生活しやすくすること」です。近年では、生活弱者だけでなく、「ユニバーサルデザイン」のように多くの人にとって生活しやすくすることという意味合いでも使われています。

ちなみに、「ユニバーサルデザイン」というは、「年齢や障害の有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるように施設を設計すること」という意味です。

今回の工事の主旨である「歩道のバリアフリー化」を言い換えると「歩道にある障害を取り除き、通行しやすくすること」となります。

では、どのように歩道を「バリアフリー化」するのかというと、今回は下の図のような工事をしています。

歩道のバリアフリー化

波洲通りの歩道は、バリアフリー化前は「マウンドアップ形式」と呼ばれる形で整備されていて、左側の図のように横断歩道につながる部分や、車両の乗入れ部分で歩道が波打ってしまうため、歩道の中に高低差ができていました。
しかし、バリアフリー化後は、「セミフラット形式」と呼ばれる形で整備し、車道の高さを歩道の高さに合わせて10センチメートルあげることで、右側の図のように歩道と車道との高低差が減り、歩道上の高低差がほとんどなくなるため、歩きやすくなります。

このように、歩道上の高低差(障害)をなくすことで、「歩道のバリアフリー化」を行っています。

次回はいよいよ工事の完成です!

平成24年2月1日「工事がはじまりました」

波洲通り施工状況

こんにちは!道路維持担当のおこげです。

工事が始まっているという噂を耳にしたので行ってきました!

私が見たときには道路の両端にL型街渠を並べていました。

いまの車道と段差が10センチメートルほどできているので、間違えて工事をしてしまっているのでは?と思われる方もいると思いますが、この10センチメートルの差が今回の工事の重要なポイントです!

このポイントについてはまたご紹介しますのでお楽しみにしてください!

最後に、今回工事をしていた街渠について紹介します!

  • 街渠(がいきょ)
    ・・・道路に降った雨水などが流れ込むように作られたもので、写真のようなL型街渠などがあります。
    ちなみに、断面が英語のLの形をしていることからL型街渠と呼ばれています。
    また、工事現場でコンクリートを流し込んで作るものを「現場打ち街渠」、工場で作っているものを「プレキャスト街渠」といいます。それぞれの特徴を簡単に説明します。 
    • 現場打ち・・・・・・現場で作製するので、細かな調整が可能。養生(コンクリートが固まるまで一定期間おいておくこと)が必要となる。
    • プレキャスト・・・工場で生産しているため、均一な品質を保てる。製品を持ってくるため、養生の必要がない。

 今回の工事では、工事の期間を短縮させるため、プレキャスト街渠を使用しています。            

歩道を歩きやすくする工事をします

波洲通り

尼崎市の中央部を東西に横断する波洲通りでは、写真のように、歩道が車道より高いため、車道から歩道へ入る部分や車両が歩道に乗り入れる部分で、歩道が波打った状態になっており、歩行者や自転車の方にとって通行しにくい歩道になっています。
そこで波打っている歩道を平らにして、歩道を通行しやすくする工事を行ないます。

 工事中は通行や騒音等でご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力よろしくお願いします。

今後、進捗に合わせて工事の状況を更新していきますので楽しみにしておいてください。

 小鹿より

波洲通り 工事看板

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 土木部 道路維持担当
〒661-0979 兵庫県尼崎市上坂部2丁目1番9号
電話番号:06-6415-6223
ファクス番号:06-6498-7112