重度身体障害児者訪問リハビリ利用料助成事業

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020460 更新日 令和2年6月17日

印刷大きな文字で印刷

概要

脳性まひ等による肢体不自由児者が、訪問看護ステーションによる訪問看護リハビリを利用した場合に、その利用料の一部を助成することにより、定期的なリハビリ施術受診を促進することを目的としています。

助成額

 訪問看護に要した総額から訪問リハビリ利用料として支給される額及びその他給付金を控除した額(以下「被保険者負担額」)から訪問リハビリに要した費用全体の100分の10に相当する額を一部負担金として控除した額を助成します。(控除後の額に10円未満の端数が生じた場合は、端数は切り捨て)

 なお、被保険者等負担額が訪問看護に要した総額の100分の10以下であるときは助成の対象外となります。

(注意)その他給付金とは、医療保険各法等の規定により、被保険者もしくは組合員又はそれらの被扶養者に対して支給された、高額療養費又は訪問看護付加金又は家族訪問看護療養付加金等をいいます。

対象者

以下のいずれもに該当する方

1.市内在住の在宅の方

2.身体障害者手帳(肢体不自由1級又は2級)を所持している方

3.自立支援医療(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)における一定所得以上に該当しない方(健康保険証上の世帯において、市民税所得割額が235,000円未満の方)

申請の流れ

1.申請

申請窓口にお越しください。

※事前申請が必要です。

〈必要なもの〉

・申請者の印鑑

・身体障害者手帳(写し可)

・(加入者全員分の)健康保険証(写し可)

・医療機関及び訪問看護ステーションの名前・住所が分かるもの

2.認定

認定された場合、障害福祉課から決定通知書が届きます。

なお、有効期限は認定日から次の6月末までです。(7月以降もご利用の場合は6月中に申請が必要です)

3.訪問看護ステーションによる訪問リハビリを利用

領収書原本での還付となりますので、発行された領収書は紛失されないようにしてください。

4.還付請求

申請窓口に、月単位でまとめてご提出ください。(還付対象となるのは申請日以降に受けられた訪問看護のみです)

〈必要なもの〉

・申請者の印鑑(申請書と同じもの)

・振込口座が分かるもの

・領収書原本(「健康保険適用となる訪問リハビリテーションの総額」「患者負担額」「内訳」「利用日」などが明記されているもの)

※訪問リハビリテーション利用の確認のため、利用証明書等が必要な場合があります。

5.振込

審査後、ご指定の口座に振り込まれます。

なお、高額療養費の確認等に時間を要しますので、振込までは多少のお時間がかかります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 北部保健福祉センター 北部障害者支援課
健康福祉局 南部保健福祉センター 南部障害者支援課
健康福祉局 障害福祉担当部 障害福祉課
健康福祉局 障害福祉担当部 障害福祉政策担当

お住まいの地域がJR神戸線より北部の方
(北部保健福祉センター北部障害者支援課)
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番1号 塚口さんさんタウン1番館5階

お住まいの地域がJR神戸線より南部の方
(南部保健福祉センター南部障害者支援課)
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番地 出屋敷リベル5階

障害福祉サービスの報酬の請求など
(障害福祉課)
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号:
06-4950-0374(北部保健福祉センター 北部障害者支援課)
06-6415-6246(南部保健福祉センター 南部障害者支援課)
06-6489-6750(障害福祉課)

ファクス番号:
06-6428-5118(北部保健福祉センター 北部障害者支援課)
06-6430-6803(南部保健福祉センター 南部障害者支援課)
06-6489-6351(障害福祉課)