中央商店街で消防訓練を実施(消防団中央地区)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002396 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

訓練概要

阪神尼崎駅、阪神出屋敷駅周辺には尼崎市を代表する商店街や市場があり、いつも買い物客で賑わっています。
たくさんの方が集まる場所だからこそ、いざというときのために日ごろから消防団と商店街等が連携した備えが大切です。
尼崎市消防団(中央地区)では、中央・三和・出屋敷商業地区まちづくり協議会と連携した消防訓練を次のとおり実施しました。

  1. とき:平成28年8月28日(日曜日) 午前8時00分から8時30分まで
  2. ところ:中央商店街及び尼崎ゑびす神社
  3. 訓練内容
    • 避難誘導訓練
    • 非常放送訓練
    • アーケード開放訓練
    • 放水訓練
    • 初期消火訓練 

スモークマシーンで煙を再現

スモークマシーンで煙を再現

中央商店街アーケード内の店舗にて火災が発生したとの想定で訓練を実施しました。
スモークマシーンで煙を発生させ、実際の火災現場さながらの状況です。

避難誘導訓練

避難誘導訓練

消防団員が訓練参加者を避難場所の尼崎ゑびす神社へと誘導しました。

アーケード開放訓練

アーケード開放訓練

アーケードを開放し、スモークマシーンの煙を屋外へと排出しました。

放水訓練

放水訓練

放水訓練

中央商店街付近の消火栓に部署し、尼崎ゑびす神社にて放水訓練を実施しました。

初期消火訓練

初期消火訓練

消防団員が消火器の取扱い方法を訓練参加者に説明した後、水消火器による初期消火訓練を実施しました。

このページに関するお問い合わせ

消防局 企画管理課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:06-6481-3962(企画管理担当・職員担当・消防団担当)
ファクス番号:06-6483-5022
メールアドレス:ama-syou-somu@city.amagasaki.hyogo.jp