消毒用アルコールの安全な取扱いについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020999 更新日 令和2年9月18日

印刷大きな文字で印刷

消毒用アルコールの安全な取扱いについて

消毒用アルコールの保管について

 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、手指の消毒等のため、消防法に定める危険物の第4類アルコール類に該当する消毒用アルコール(以下「消毒用アルコール」という。)を使用する機会が増えており、保管については以下の点に御留意ください。

  1. 指定数量以上のアルコールを保管、取り扱う場合は、原則、許可を受けた施設でなければ、保管し取り扱うことはできません。
  2. 指定数量以上のアルコールを一時的に保管する場合については、所轄の消防署に仮貯蔵・仮取扱いの申請をし、承認されれば、10日以内の間、保管することができます。
  3. 指定数量の5分の1以上指定数量未満のアルコールを保管する場合については、 所轄の消防署に少量危険物の貯蔵・取扱いの届出が必要となります。なお、保管や取り扱う場所については、尼崎市火災予防条例により、様々な規制が設けられています。

  ※ アルコールの指定数量は、400リットルになります。

消毒用アルコールの火災予防上の取扱いについて

 一般に消毒用アルコールの物性として、次の特徴があります

アルコールの火災予防上の特徴

  • 火気に近づけると引火しやすい

  • アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい

 このため、ご家庭や事業所などにおいて、消毒用アルコールを使用する場合、以下に示す火災予防上の一般的な注意事項に十分注意の上、安全に取り扱ってください。

火災予防上の一般的な注意事項

このページに関するお問い合わせ

消防局 予防課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:

ファクス番号:06-6483-5022
メールアドレス:ama-syou-yobou@city.amagasaki.hyogo.jp