ビニールカーテン等の設置について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021455 更新日 令和2年5月26日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として、飛沫感染を防ぐために有効とされるビニールカーテン等を設置するときは、次の事項にご注意ください。

1 防炎性能がないビニールカーテン等を火気の近くで使用すると火災になるおそれがあるため、火気の近くでは使用しないでください。また、白熱灯等の高温になりやすいものの近くでの使用も避けてください。

2 自動火災報知設備の感知器やスプリンクラーヘッドの付近にビニールカーテン等を設置すると、火災発生の熱や煙を感知することを妨げたり、散水の障害となるおそれがありますのでご注意ください。

3 ビニールカーテン等を設置する建物の用途によっては、防炎性能を有した製品を使用する必要がありますのでご注意ください。

何かご不明点等がありましたら、消防局予防課又は管轄消防署までご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

消防局 予防課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:

ファクス番号:06-6483-5022
メールアドレス:ama-syou-yobou@city.amagasaki.hyogo.jp