新型コロナウイルス感染症に不安をかかえる妊婦の方へ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023387 更新日 令和3年5月18日

印刷大きな文字で印刷

不安をかかえる妊婦への分娩前ウイルス検査の助成

不安を抱える妊婦が、かかりつけの産婦人科医と相談し本人が希望する場合に、分娩前に新型コロナウイルス検査を受けるための費用を補助します。
なお、検査の性質上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。

  1. 対象者(以下のすべてに当てはまる方)
  • 尼崎市民(尼崎市に住民登録がある)妊婦
  • 妊娠週数34週以降の妊婦
  • 発熱などの新型コロナウイルス感染を疑う症状がない方(新型コロナウイルス感染を疑う症状がある場合は、感染症法に基づく行政検査を受けていただきます。) 

   2.  助成内容

      新型コロナウイルスの検査費用として、1回に限り、20,000円まで助成します。

 3.  対象期間

  令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に実施する検査

助成方法について

1.  県内の医療機関で検査を受けられる場合
     かかりつけ産婦人科医にご相談ください。
 

2.  県外の医療機関等で検査を受け償還払いを行う場合

  (1)必要書類

  ア.所定の申請書

  イ.検査費用にかかる領収書(原本)

   申請書の「検査に要した費用証明書欄」に記載のない場合のみ。

  ウ.代理人が来所される場合は、代理人の本人確認書類

   運転免許証やパスポートなど

  エ.申請者(妊婦)以外の方の口座に口座振込を希望される場合

   口座振込依頼書

 (2)申請期限

  令和4年3月31日

 ※期限内の申請が困難な場合は、保健所健康増進課まで期限内にご相談ください。

 ※窓口での申請が困難な場合は、郵送でも受付します。

  郵便事故による申請書の不達について、当方では責任を負えませんのでご了承ください。

送付先:660-0052 尼崎市七松町1丁目3-1-502 尼崎市保健所健康増進課 母子保健担当宛
 (3)申請場所 
保健所健康増進課 電話06-4869-3033
FAX06-4869-3049
七松町1-3-1-502
JR立花駅 フェスタ立花南館5階
北部保健福祉センター北部地域保健課 電話06-4950-0637
FAX06-6428-5110
南塚口町2-1-1
阪急塚口駅 さんさんタウン1番館5階
南部保健福祉センター南部地域保健課 電話06-6415-6342
FAX06-6430-6850
竹谷町2-183
阪神出屋敷駅前 リベル5階

 

検査結果が陽性となった場合

  • 症状の有無にかかわらず、入院となる可能性があります。
  • 入院先が必ずしも分娩予定の医療機関とならない場合があります。
  • また、分娩方法等が変更される(帝王切開や計画分娩等)可能性があります。
  • 感染拡大防止の観点から、入院中の面会および分娩時の立ち会いが制限される場合があります。
  • 分娩後、一定期間、母子分離(お母さんと赤ちゃんが別室での管理となり、赤ちゃんにふれたり、授乳することができない)となる可能性があります。

ウイルスに感染した妊産婦に対する寄り添い型支援

新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦の方で、自身ならびに胎児または新生児の健康や出産後の育児などに不安を感じる場合、不安を少しでも軽減できるよう保健師等による相談支援を行います。

  1. 対象となる方(以下のすべてに当てはまる方)
    ・新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦の方
    ・健康面や出産後の育児などに不安を感じ、支援を希望する方
  2. 支援する内容
    保健師等が訪問や電話などで、妊産婦の方のさまざまな不安や悩みをうかがい、心身のケアや育児に関する支援を寄り添いながら行います。費用は無料です。
  3. お申込み先
    尼崎市保健所健康増進課  電話06-4869-3033 FAX 06-4869-3049

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049