いくしあ(子どもの育ち支援センター)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1018129 更新日 令和5年1月10日

印刷大きな文字で印刷

子どもや子育てに関して課題や困難を抱える0歳からおおむね18歳までの子どもたちと子育て家庭に寄り添い、様々な関係機関が連携しながら、切れ目なく継続的に支援を行う総合施設。

子どもや子育てで困ったら、総合相談窓口までお電話下さい。 電話番号は、06-6430-9989 FAX番号は、06-6409-4297

いくしあからのお知らせ

いくしあでは、令和4年6月から令和5年3月まで試行的に毎月第1土曜日も電話相談等を実施しています。来所でのご相談は前日までの予約が必要です。

悩みやストレスを感じていませんか?~あなたの悩みに寄り添います~

おなやみ

子どもの育ち支援センター
「いくしあ」
では、公認心理師
や社会福祉士などの専門職が、
電話や面接などにより、保護者
や、お子様の悩みをお聞きして
解決につながるよう一緒に考え
ていきます。
不安や悩みを感じておられたら
遠慮なくお電話ください。
どんな小さなことでも聞かせて
ください。

 

 

「初めての子育てが不安…」
「新学期、お友達とうまく話せるかな…」
「すぐにイヤと言って、対応に困る…」
「初めての場所や場面がとても苦手…」
「ハサミやお箸をうまく使えない…」
「園(学校)に行くのを嫌がって、毎日大変…」               など

保護者の皆様や、お子様自身の悩みなどをすべてどんなことでもお聞きします。

  • ヤングケアラーに関するご相談も受け付けています。
    ※ヤングケアラーとは… https://www.mhlw.go.jp/stf/young-carer.html(厚生労働省HP)
  • 保護者の皆様からでも 、お子様自身からでも ご相談いただくことが可能です。
  • 来所による面談を希望される場合も、まずはお電話でご相談ください。

総合電話相談は、外国語も対応しています

電話通訳を使用して、日本語が得意でない方も子育ての悩みを相談できます

子どもの育ち支援センター「いくしあ」では、日本語が得意でない方でも、子育ての悩みを相談できます。
不安や悩みをお感じになられていたら、遠慮なくお電話ください。どんな小さなことでも聞かせてください。

総合電話相談 06-6430-9989

※外国語によるメール相談には対応できません。

対応する言語

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、タイ語の7か国語に対応しています。

総合電話相談 06-6430-9989  /  メール相談 ama-ikushia@city.amagasaki.hyogo.jp
相談受付時間 月曜日から金曜日(祝日を除く)・第1土曜日 午前 9時から午後 5時30 分まで

「いくしあ」の特徴

子どもファースト、縦の連携、横の連携

「いくしあ」の相談支援について

支援体制図

総合相談窓口へご相談いただいた内容で、より専門的・継続的に支援が必要な場合、「いくしあ」内外の専門機関と連携をして支援を行っております。

 

「いくしあ」内の支援内容について

総合相談

「いくしあ」にご相談いただく最初の窓口です。
子ども・子育てについて、どなたでもご相談いただけます。
どんな小さなお悩みでも構いません。専門の職員がお伺いし、寄り添いながら解決イメージを共有できるよう支援します。

総合相談担当が運営する、「サロン」の写真です。予約なしで遊びに来ていただける、未就学児のお子様を主に対象とした遊び場です。専門の職員がお子様と遊びながら保護者の方の日頃のお困りごとを伺います。

1階には、「サロン」とよばれるマットスペースの子どもの遊び場を運営しており、未就学児のお子様を対象に、予約なしで遊びに来ていただけます。
専門の職員がお子様と遊びながら、保護者の方の日頃のお困りごと等をお伺いします。
お気軽にご利用ください。

 

 

※現在は新型コロナウイルス感染症対策のため、利用制限(1時間程度)を設けています。
 また、利用者が多数の場合は密を避けるため、ご利用をお待ちいただくこともあります。

総合電話相談 06-6430-9989  /  メール相談 ama-ikushia@city.amagasaki.hyogo.jp
相談受付時間 月曜日から金曜日(祝日を除く)・第1土曜日 午前 9時から午後 5時30 分まで

家庭児童相談支援

様々な課題を抱えたお子さんや、子育て家庭の悩み、困りごとに対応します。関係機関との連携により、できるだけ早期発見し、児童専門のケースワーカーがサポートをします。

発達相談支援

発達や行動で気になることや困りごとを持った子どもとご家族、支援機関を対象に、医師や保健師、心理士、保育士、作業療法士、言語聴覚士が相談支援を実施します。

教育相談・不登校支援

子どもの教育上の様々な悩みや、子ども本人、ご家族、幼稚園・学校の先生などからの教育相談に対応します。教育支援室やサテライト教室の設置など各種事業に取り組み、学校と連携した不登校児童生徒への支援もしています。

ユース相談(ひきこもり)支援

中学3年生から概ね29歳までの、ひきこもりの方やひきこもり状態になる恐れのある方に対して、支援者がご自宅や公共機関に出張して、ひとりひとりに応じた支援を実施します。

ヤングケアラー支援

本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもに関するご連絡・ご相談をお受けし、必要な支援を実施します。

総合相談窓口電話番号 06-6430-9989
どんな小さなお悩みでも構いません。まずは、総合相談へお電話ください。

いくしあのあゆみ

令和元年10月1日の開設以降、「いくしあ」で行ってきた各種相談、事業についてまとめた「いくしあのあゆみ」を作成しています。「いくしあ」の取り組みについて知っていただくきっかけにご活用ください。

アクセスなど

アクセス図

所在地

尼崎市若王寺2丁目18番6号 あまがさき・ひと咲きプラザ内

アクセス

徒 歩:阪急園田駅から約15分
バ ス:阪神バス[尼崎市内線11番] 阪急園田駅から約3分、JR尼崎駅から約12分、「百合学院」下車すぐ

駐車場・駐輪場

駐車場:30台有[無料]
駐輪場:有[無料]

いくしあ外観
汽車の遊具がある白い建物が「いくしあ」です。

駐車場図

開館日

月曜日から金曜日(祝日を除く) 午前9時から午後5時30分まで

紹介動画

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。