施設のかたへ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1016184 更新日 令和3年4月5日

印刷大きな文字で印刷

施設支援事業について

発達相談支援課では、発達に不安を抱える子どもを対象に、医師や心理士などの専門職が学校園・保育所等の施設を訪問し、その子どもにとってよりよい環境を整えるために一緒に考える施設支援事業を行っています。

対象施設

尼崎市内の保育施設、幼稚園、小中高等学校

対象者

原則、尼崎市在住の概ね4歳児(年中)から18歳までの障害福祉サービスや医療機関等で支援を受けていない子どもを対象とします。

(注)ただし、障害福祉サービスを受けていたり、障害児保育や特別支援学級に在籍している子どもについては、この事業においては対象外ですが、随時ご相談ください。

訪問スタッフ

医師、保健師、保育士、作業療法士、言語聴覚士、心理士のうち、2から3人

実施について

実施場所 各施設
1回の対象人数

基本2人まで

同一クラスの場合3人まで

実施回数 1施設につき、原則年3回程度(その後は要相談)

 

申込方法

本ページより、「施設支援申込書(就学前または就学後)」と「子どもの強さと困難さアンケート(SDQ)」をダウンロードして下さい。

「施設支援申込書(就学前または就学後)」、「子どもの強さと困難さアンケート(SDQ)」に記入後、子どもの育ち支援センター いくしあ(発達相談支援課)へ郵送または持参にて、申し込み完了となります。

また、就学前のお子様の場合、「保育・指導要録のための発達評価シート(TASP)」も後日、担当職員が施設へ郵送または持参し記入していただきます。「保育・指導要録のための発達評価シート(TASP)」は実施日までに、子どもの育ち支援センター いくしあへ郵送または持参してください。

このページに関するお問い合わせ

こども青少年局 子どもの育ち支援センター 発達相談支援課
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺2丁目18番6号 あまがさき・ひと咲きプラザ内いくしあ2階
電話番号:06-6430-9989(総合相談課)
ファクス番号:06-6409-4298