濃厚接触者等に在宅支援を提供する従事者への支援について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021557 更新日 令和2年6月5日

印刷大きな文字で印刷

事業概要

 介護サービス及び障害福祉サービスを利用する高齢者及び障害者・児が、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者又は濃厚接触の疑いのある者(以下「濃厚接触者等」という。)に該当した場合でも、日常生活において必要なサービスを継続するため、当該濃厚接触者等に在宅支援を提供する介護サービス及び障害福祉サービスの従事者に対して、協力金を支給します。

支給対象者

濃厚接触者等(※)に在宅支援を提供する介護サービス及び障害福祉サービス従事者

(※)濃厚接触者等について

 ・ 保健所が特定する濃厚接触者

 ・  感染が疑われる者との濃厚接触が疑われる者で、保健所等から健康状態の経過観察が必要と特定された者

 ・  PCR陽性等診断が確定するまでの間の者

 

在宅支援の範囲

介護サービス及び障害福祉サービスにおける訪問系サービス(※)とする。

(※)訪問系サービスについて

  

 

介護サービス

訪問介護、訪問看護、介護予防訪問看護、訪問入浴介護、

介護予防訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、

介護予防訪問リハビリテーション、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、

夜間対応型訪問介護、第1号訪問事業

障害福祉サービス 居宅介護、重度訪問介護

 

支給額

在宅支援を提供した濃厚接触者等1人あたり、3,000円/日(※)

(※)3,000円/日について

同一の濃厚接触者等に対して、同日に複数回の在宅支援を行った場合は、1人分の支給額(3,000円)とする。

支給対象期間

濃厚接触者等に該当した日から最大14日間まで

支給対象期間

令和2年3月10日から当面の間

支給までの流れ

1.申請書及び関係書類を郵送にて各担当課に提出してください。なお、介護サービス従事者は、介護保険事業担当に、障害福祉サービス従事者は、障害福祉政策担当に提出してください。

2.各担当課にて申請書類を審査のうえ、支給の可否を決定し、支給決定通知書または却下決定通知書を申請者へ送付します。

3.支給決定者に申請書記載の口座へ入金します。

提出書類

   

  
申請者 提出書類

介護サービス従事者

1 申請書兼請求書(様式第1号)

2 協力金の支給対象となるサービス提供の記録の写し

3 居宅サービス計画書(第6表)の写し

障害福祉サービス従事者

1 申請書兼請求書(様式第1号)

2 協力金の支給対象となるサービス提供の記録の写し

3 サービス等利用計画又は個別支援計画の写し

申請書の様式については下記(添付ファイル)からダウンロードしてください。 

提出先

 

    
申請者 提出先

介護サービス従事者

〒660-8501

兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階

健康福祉局 福祉部 介護保険事業担当

障害福祉サービス従事者

〒660-8501

兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

健康福祉局 障害福祉担当(部) 障害福祉政策担当

 

申請受付期間

令和2年6月5日から当面の間(予定)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 福祉部 介護保険事業担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階
電話番号:

ファクス番号:06-6489-7505
メールアドレス:ama-kaigo@city.amagasaki.hyogo.jp