感染が疑われる方へ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020458 更新日 令和2年5月15日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に感染が疑われる場合の相談窓口

 本市では、新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合の市民の相談窓口として「帰国者・接触者相談センター」を設置しております。少なくとも以下のいずれかに該当する場合は、同相談センターへご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

  (※)高齢者、妊婦、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患等)がある方、透析を受けている

     方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

  (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と

   思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤等を飲み続けなければならない方も同様で

   す。)

(お子様をお持ちの方へ)

 小児については、小児科医のによる診察が望ましく、帰国者・接触者センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

※この目安は、相談・受診の目安です。検査については、従来どおり医師が個別に判断します。

関連情報

(1)新型コロナウイルス感染症に係る「帰国者・接触者外来」受診時に行われるPCR検査の自己負担額が無料になりました

 「帰国者・接触者相談センター」で相談した結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合は、「帰国者・接触者外来」への受診を調整するとともに、他の医療機関の受診は控えていただくようにご案内することになっております。

 「帰国者・接触者外来」への受診を案内された上で、同外来を受診した際に実施されるPCR検査については、保険適用されることになりました。

 また、令和2年3月6日以降、同外来において実施されるPCR検査の検査費用のうち自己負担分については、公費で補填されることになりました。そのため、窓口での自己負担額は発生しません。

※ただし、同外来の受診時におけるPCR検査以外の費用については、自己負担分が発生しますのでご注意ください。

(2)新型コロナウイルス感染症に係る「帰国者・接触者外来」受診時における被保険者資格証明書の取扱いについて(令和2年5月15日更新)

 「帰国者・接触者相談センター」を通じて「帰国者・接触者外来」への受診を案内された上で、同外来を受診した際の医療費については、資格証明書であっても一部負担金(2割または3割負担)となります(令和2年3月受診分から)。

 ただし、この取扱いについては、「帰国者・接触者相談センター」から「帰国者・接触者外来」を案内されて受診した場合に限ったものであり、この場合以外の医療機関の受診に関しては、通常どおり一旦全額負担(10割負担)となりますので、ご注意ください。

(資格証明書であっても医療費が一部負担金(2割または3割)となる場合)

  • 帰国者・接触者相談センターから帰国者・接触者外来を案内されて受診した場合
  • 帰国者・接触者外来において発行された処方箋に基づく医薬品を保険調剤薬局から処方された場合

(以下、追記)

 新型コロナウイルス感染症の感染者のうち、高齢者や基礎疾患がある方などを除き、症状がない、または医学的に症状が軽い方(軽症者等)については、宿泊施設や自宅で安静・療養する場合があります(宿泊療養・自宅療養)。

 宿泊療養や自宅療養の期間中に保険医療機関等を受診(訪問診療、往診等による受診を含む。)した際の医療費については、資格証明書であっても一部負担金(2割または3割負担)となります(令和2年5月受診分から)。

(3)新型コロナウイルス感染症に感染した被用者に対して傷病手当金を支給します

 国民健康保険に加入している方が、新型コロナウイルスに感染し、または発熱等の症状があり感染が疑われたことにより会社を休んだときに、事業主から十分な給与等が支払われなかった場合に支給します。

 詳しくは、以下のリンクをお読みください。

このページに関するお問い合わせ

総務局 市民サービス部 国保年金課(給付担当)
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階
電話番号:06-6489-6420
ファクス番号:06-6489-4811
メールアドレス:ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp