【職域接種実施法人向け】ワクチン接種関係事務について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1025884 更新日 令和3年11月25日

印刷大きな文字で印刷

ページ概要

 このページは職域接種実施法人向けの情報を掲載しています。
 掲載している情報は、現時点での情報であり、国・県の動向、ワクチン供給状況等により変更される場合があります。

 なお、職域接種の実施に関する情報については、厚生労働省のホームページなどを事前にご確認いただきますようお願いいたします。

このページの先頭に戻る

ワクチン接種委託料の請求

請求について

 各法人において実施する職域接種のなかで、尼崎市内の医療機関が尼崎市民に対して実施したワクチン接種の請求書等について、以下のとおり提出してください。
 なお、尼崎市外の医療機関については、国民健康保険団体連合会へご提出いただくようお願いいたします。

提出期日

 当該接種を行った日が属する月の翌月10日まで
 (間に合わなかった場合は、月遅れ請求として処理いたします。)

提出書類

  1. 本市の名前が記載されている接種券を貼付した予診票の原本
  2. 市区町村別請求書(V-SYSの様式)
  3. (初回のみもしくは変更があったとき)口座届出書(様式5-1参照)

提出書類に関する注意点

 ○予診票に関して

  • 予診票の住民票に記載のある住所とクーポン券の請求先市町村名が尼崎市であること
  • 医師記入欄に記入漏れがないこと

 ○市区町村別請求書に関して

  • 代表者氏名欄に役職も印字されていること
  • そのほか記入漏れがないこと

このページの先頭に戻る

時間外・休日接種に関する請求

時間外・休日接種等の請求について

 時間外・休日接種に関する請求については、令和3年12月1日以降、予診票が新しくなっています。
 新様式予診票の医師記入欄にあるマークを塗りつぶした上、通常接種費用に併せて請求してください。
 ついては、医師記入欄にあるマークの塗りつぶしを確実に行ってください(レ点などはおやめください)。

 なお、本市では令和3年12月以降、新様式となる予診票のみの利用をお願いしているところですが、諸事情により、令和3年11月30日以前の旧様式を使用した場合、通常の接種費用とは別で請求することになるため、市までご相談ください。

対象期間

(実施月の翌月10日)令和3年12月1日以降に実施した時間外・休日接種分
(12月24日締め)令和3年10月3日から令和3年11月30日までに実施した時間外・休日接種分
(11月30日締め)令和3年8月1日から令和3年10月2日までに実施した時間外・休日接種分
(終了)令和3年4月1日から令和3年7月31日までに実施した時間外・休日接種分

請求額

内 容 計算方法
時間外 730円×予診実施回数+消費税
休 日

2,130円×予診実施回数+消費税

提出物

【令和3年12月実施分から】

 時間外等の該当欄を塗りつぶした予診票と市区町村別請求書とともに市へ提出してください。

【参考】新様式予診票の医師記入欄

【令和3年11月実施分まで】

○パソコンで入力する場合

 下にある時間外・休日接種請求書等様式(PC入力用)のエクセルデータをダウンロードし、時間外及び休日対応に係る請求書(様式1)及び実績報告書(様式2)を作成してください。
 各様式はエクセルデータ内で診療所用と病院用に分かれて一つのシートにまとまっておりますので、適切なシートを選択してご利用ください。
 なお、印刷時に、個別接種促進のための支援に係る請求書(様式3)も含まれておりますが、窓口が兵庫県となりますので、本市に提出いただいても受理することはございません。ご了承ください。

○手書きで入力する場合

 下にある時間外・休日接種請求書等様式(手入力用)のエクセルデータをダウンロードし、時間外及び休日対応に係る請求書(様式1)及び実績報告書(様式2)を作成してください。
 各様式はデータ内で診療所用と病院用に分かれて一つのシートにまとまっておりますので、適切なシートを選択してご利用ください。
 なお、個別接種促進のための支援事業に係る請求書(様式3)は、窓口が兵庫県となりますので、本市に提出いただいても受理することはございません。ご了承ください。

○マニュアル

 請求書等の作成方法については、下にあるマニュアルに沿って作成ください。

提出期日

 上記対象期間における請求の提出期日は、令和3年8月~9月分は令和3年11月30日まで、令和3年10月~11月分は令和3年12月24日までに必着とします。

提出先

 郵送で提出される際は、下記の住所まで提出ください。

参考

 時間外・休日対応については、以下のとおり定義されております。

このページの先頭に戻る

個別接種促進のための支援事業に関する請求

 このたび、職域接種の一部についても、個別接種促進のための支援事業に関する請求の対象となりました。
 窓口が兵庫県となっておりますので、詳細については、兵庫県のホームページをご覧ください。
 以下のURLよりご覧いただけます。

【参考】
 以下の(1)又は(2)において、接種を委託した外部の医療機関に出向いて職域接種を受けた場合、個別接種促進のための支援の対象となる。

 (1)中小企業(中小企業基本法(昭和38 年法律第154 号)第2条第1項に規定する中小企業を指す。)が商工会議所、総合型健保組合、業界団体等複数の企業で構成される団体を事務局として共同実施した職域接種
 (2) 文部科学省が別に定める地域貢献の基準を満たす大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の職域接種で所属の学生も対象に実施した職域接種

このページの先頭に戻る

委任状・請求書等提出先

 職域接種を実施される法人にて作成した委任状や請求書等については、下記の住所まで提出ください。
 なお、V-SYS上で提出のあった委任状については、随時受理しております。 

〒660-0052
尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
尼崎市保健所 新型コロナワクチン接種費用請求担当 宛

このページの先頭に戻る

その他

 職域接種に関与される医療機関においては、予診票等が職域接種実施分と個別の医療機関の実施分が混ざらないようにご注意いただきますようお願いいたします。なお、国のワクチン接種記録システム(VRS)の登録や請求に関し、職域接種実施分は本市では行えませんので、ご了承ください。

 予診票や請求書等に不備や疑問点があれば、本市からご連絡いたします。ご協力お願いいたします。

このページの先頭に戻る

問い合わせ先

尼崎市新型コロナワクチン案内センター

受付時間 午前9時から午後5時30分まで(土日・祝日は除く)
電話番号 06-4950-5085
ファクス 06-4869-3049

このページの先頭に戻る

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。