平成29年度 給食施設研修会

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1009128 更新日 平成30年3月7日

印刷大きな文字で印刷

給食関係者の資質向上を図り、給食施設が利用者に応じた適切な栄養管理を行うことにより、給食を通じた健康づくりを推進していくことを目的に、下記のとおり給食施設研修会を開催しました。

日時

平成30年2月20日(火曜日) 午後2時から午後4時30分 (受付開始は午後1時30分から)

場所

尼崎市立すこやかプラザ 多目的ホール

住所:尼崎市七松町1‐3‐1‐502フェスタ立花南館5階
   (JR立花駅南側)

対象

尼崎市内給食施設の関係者(管理者、管理栄養士・栄養士、調理従事者 等) 100施設 108名

内容

講演 「従業員食堂の充実を推進するために~行動経済学の視点から~」

講師 甲南大学経済学部経済学科 教授 春日 教測 氏

研修会の様子

普段、なかなか給食関係の研修では聞くことのない、行動経済学から給食をとらえたお話をしていただきました。施設の利用者だけでなく、従業員へも給食を提供している施設は少なくありません。働いている人の健康は企業(施設)にとってもメリットであるということは、どの施設にとっても通じることかと思います。

様々な種別の施設から参加いただいているなか、
「新しい発見と勉強になった」
「“人材は財産である”ということに納得した」
「事業所で安くておいしい食事という他に、健康に良い食事も大きなテーマだと思った」

等の声がありました。

 

講演 「大量調理マニュアルの改正のポイントと食中毒予防について」

講師 尼崎市保健所生活衛生課 食品衛生監視員 中川 万里子 氏

昨年に改正された大量調理施設衛生管理マニュアルについてそのポイントと、近年で発生した食中毒事例について詳しく解説いただきました。また、食中毒、主にノロウイルス食中毒の予防について、各施設で行っている衛生管理で注意すべき点についてもあわせてお話いただきました。

当日の配布資料を掲載します。施設内での共有に、ぜひご活用ください。

参加者からは、
「施設にもどって業務の見直しや書類に抜けがないか確認したい」
「ポイントをまとめて確認できてよかった」

等の声がありました。

 

情報提供 「給食施設栄養管理報告書からみえる課題とは」

説明者 尼崎市保健所健康増進課 管理栄養士

参加者アンケートより

実施後、参加者に研修会についてアンケートを記入していただきました。結果(抜粋)を掲載します。
 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049