平成27年度 給食施設研修会

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003261 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

平成27年度 給食施設研修会 報告

 給食関係者の資質向上を図り、給食施設が利用者に応じた食事の計画、調理及び栄養の評価、改善を実施するなどの適切な栄養管理を行うことにより、給食を通じた健康づくりを推進していくことを目的として、下記のとおり給食施設の関係者を対象とした研修会を開催しました。

日時

平成28年3月15日(火曜日) 午後2時から午後4時30分 (受付開始は午後1時30分から)

場所

会場の地図

尼崎市立すこやかプラザ 多目的ホール

住所:兵庫県尼崎市七松町1‐3‐1‐502フェスタ立花南館5階
(JR立花駅南側)

参加者

尼崎市内給食施設の関係者(管理者、管理栄養士・栄養士、調理従事者 等)62施設74名、その他2名、計76名

内容 テーマ『給食を通じた健康づくりと冬場の衛生管理』

1.講演 「食べ方上手で健康長寿 ~おいしい適塩給食で健康づくりを!~」

      講師 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長、公益財団法人兵庫県健康財団会長
              京都大学名誉教授
              家森 幸男 氏

研修会の写真

研修会の写真

研修会の写真

世界の様々な地域での調査研究からわかった健康寿命を延ばすための上手な食べ方について、具体的なデータを交えてご講演いただきました。

<健康寿命を延ばすためのポイント>

  • ま(豆)
  • ご(ごま)
  • は(わかめ、海藻)
  • や(野菜)
  • さ(魚)
  • し(しいたけ、きのこ)
  • い(いも)
  • よ(ヨーグルト)

 米、大豆、魚を中心とした日本食。
 その短所である、食塩過剰、カルシウム不足を補う上手な食べ方で、日本食を世界の長寿食に!

参加者からは、「日本食の良さに改めて気づいた」、「献立作成や家庭でも取り入れていきたい」、「仕事だけでなく、自分自身の食べ方も見直すことができた」などの感想がありました。

2.事例紹介 「事業所給食を通した食育推進活動」

発表者 三菱電機ライフサービス株式会社 伊丹支店 フードサービス部
部長 中井 貞昭 氏
グループリーダー 栄養士 柴田 朱実 氏

研修会の写真

研修会の写真

利用者の10年後、20年後の健康を支える食育推進活動、まさしく、「給食を通じた健康づくり」の具体的な取組みをご紹介いただきました。
自社の取組みを紹介したポスターを掲示したコーナーは、見るだけでなく、写真を撮る人も多く見受けられ、「食事を通して、食の楽しみを伝える取組みがよくわかった」などの声がありました。

3.保健所からの情報提供

生活衛生課より 「冬場における給食の食中毒対策について」
健康増進課より 「尼崎市保健所からの連絡事項」

 今後も給食を通じた健康づくりをテーマにした研修会を定期的に開催していきます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049