第6波における保健所の体制強化と陽性者・濃厚接触者へのお知らせ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028170 更新日 令和4年2月1日

印刷大きな文字で印刷

第6波における尼崎市の新型コロナ感染症対策について(令和4年1月31日時点)

本市では迅速に疫学調査ができるよう、これまでから保健所の体制を強化してきました。第6波に向けては、新規陽性患者数の増加に応じて段階を5つに分類し、そのフェーズごとの人員体制を定めており、現時点では全庁を挙げて最も高い5段階目の体制を整えているところですが、本市における新型コロナウイルス感染症の1日あたりの新規陽性患者数は、第5波までのピークである200人を超える数が連日確認されており、過去最多の691人の感染を確認した日もありました。

こうした感染状況を踏まえ、本市においては、次のとおり新型コロナウイルス感染症対策に取り組みます。

1 陽性者への聞き取り体制の拡充

感染の急拡大に伴い、陽性者への聞き取りについて、従来の保健師による聞き取りに加え、保健師の監督のもとで行う事務職の聞き取り体制を整備・拡充します。

≪最大配置人数;保健師 15名 事務職 25名≫

なお、高齢者や基礎疾患も持つ方など、重症化リスクの高い方から優先し聞き取りを行いますので、それ以外の方々については聞き取りまでに少し時間を要する場合もあります。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いたします。

2 学校、保育施設等の聞き取り、調査

学校、幼稚園、保育施設等の積極的疫学調査につきましては、これまで、保健所が教育委員会、こども青少年局に指導する中で、連携して実施してきましたが、対応に時間を要する場合もありました。この度のコロナ感染者の急速な増加に伴い、学校等の休業、再開の判断についても、より迅速な対応が求められることから、今後は教育委員会、こども青少年局の所管課が主体となり、必要に応じて保健所の助言を得ながら、聞き取り、調査等をすすめていくことといたします。

3 陽性者の経過観察

リスクの高い方は、保健所より毎日聞き取りを行います。リスクの低い方で、My HER-SYSで毎日の健康観察をしている方には、My HER-SYSで連絡が届いている期間が経過観察期間となり、終了日の通知はいたしません。リスクの低い方で、My HER-SYSを利用していない方には、最終日に保健所から連絡します。リスクの高い方など、毎日健康観察している場合は、保健所から最終日に連絡します。また、発熱等の症状がある場合は、自宅療養期間を延長し、その最終日に保健所から連絡を入れます。

なお、発熱や咳などの症状がある場合には、かかりつけ医に相談ください。

また、よくある質問等については、陽性者向けQ&Aを作成しておりますので、まずは内容をご確認ください。

4 濃厚接触者の方へ

陽性者の症状が出る2日前から、手で触れることのできる距離(1 メートル)で、必要な感染予防策なしで15 分以上の接触のあった場合や同居家族である場合などについては濃厚接触者となります。

濃厚接触者の方には、患者本人から濃厚接触者であることを伝えてもらうこととしております。濃厚接触者は、行政検査を受けることができますが、現在、陽性者が急増しており、検査能力にも限界があるため、症状のある方から優先的に検査につながっている状況です。なお、自宅療養中に症状が出た場合は、かかりつけの医療機関にご相談ください。また、検査が陰性であっても7日間の自宅待機をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

保健担当局 新型コロナウイルス感染症対策室
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3062
ファクス番号:06-4869-3049