濃厚接触者となった妊婦等の一時受け入れについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1026357 更新日 令和3年9月17日

印刷大きな文字で印刷

濃厚接触者となった妊婦等の受け入れについて

尼崎市は、9月18日から市内の宿泊施設を活用し濃厚接触者となった妊婦等の一時的な受け入れを行います。

新型コロナウイルス感染症の新規陽性患者が、連日多数確認される中、軽症や無症状である方の多くは自宅療養をされています。また、新規陽性患者数が引き続き高い水準にあることから、全国的にも医療体制は依然として厳しい状況にあり、陽性になった妊婦の方の救急受け入れが困難であった事例もありました。

そのため、本市では、重症化のリスク等を考慮し、妊婦等へ優先的にワクチン接種を行っているところですが、本事業を通じて、さらなる予防対策支援を推進していきます。

実施期間

令和3年9月18日から11月30日まで。

対象者

同居人が陽性であり、その濃厚接触者となった妊婦や基礎疾患を有する方※など。

※ 受け入れ前のPCR検査で陰性である方

対象者の受け入れ期間

同居する陽性患者の自宅療養期間が終了するまで※。

※ 発症日から10日経過かつ、症状の軽快を確認し72時間経過したとき。

健康管理の体制

看護師等が常駐し、滞在中の健康観察等を行います。

受け入れ可能な室数

15室(すべてツインタイプの部屋で、小さなお子様を連れての入室可)

利用料

滞在費用(宿泊料、食事代、送迎代)の自己負担はありません。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 調整担当
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3010
ファクス番号:06-4869-3049
メールアドレス:ama-hokenkikaku@city.amagasaki.hyogo.jp