まん延防止等重点措置に伴うPCRモニタリング検査

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1024695 更新日 令和3年4月7日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市は4月5日から5月5日までの間、「まん延防止等重点措置」が適用されています。
その対応の一つに繁華街等、陽性率が比較的高いと考えられる場所等に対するモニタリング検査の拡充が挙げられています。
本市における感染状況の傾向として、会食等から家族感染につながるケースが多くみられていることから、感染拡大の予兆を早期に探知し、早期対応につなげていくため、本市独自で無料のモニタリング検査を実施します。

PCR モニタリング検査の実施

実施場所

阪神尼崎駅北側

実施期間

措置期間中の毎週金曜日(4月9日、16日、23日、30日)
午後6時から午後7時(予定)

対象者

阪神尼崎駅の乗降者等(100名を上限)

検査手法

現地で唾液検体を採取し、市衛生研究所において検査を行います。

その他

無症状の方を対象としています。症状のある方は医療機関を受診してください。
検査結果については、翌週(翌火曜日を目途)に本人に郵送します。なお、陽性の場合は、電話でも報告します。
行政検査ではないことから、陽性の結果が出た場合は改めて医療機関の受診が必要となります。

問い合わせ先

健康福祉局 保健部 調整担当

電話番号 06-4869-3010