ファイザー社ワクチンの供給量の大幅な減少への対応について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1025734 更新日 令和3年8月12日

印刷大きな文字で印刷

 既に報道等にもありますとおり、7月から、国から各地方自治体へ供給されるファイザー社ワクチンの数量が大幅に減少される状況となっております。
 尼崎市におきましても、今後、64歳以下のワクチン接種を進めるにあたり、期間あたりの接種人数(接種ペース)を、これまでの65歳以上の高齢者と同程度に維持することができない状況となっております。
 こうした状況の下、個別の医療機関で実施する「個別接種」と、市が実施する「集団接種」において、次のとおり対応することといたします。なお、予約開始日に変更はありません。

  • 個別接種
    市から各医療機関へ配送するワクチンの数量を、8月2日からは約30%減、8月23日からは、約40%減とします。
  • 集団接種
    8月4日から接種を実施する人数を削減します。(約40%減)
    ※集団接種では、常設会場(総合文化センター、つかしん)において、当初、モデルナ社のワクチンを使用する予定でしたが、国からその供給を受けることができず、ファイザー社のワクチンを使用することとなり、接種人数を削減しました。

 ワクチンの供給量が大幅に減少しますが、7月から、新型コロナウイルスに感染した場合に重症化リスクが高い基礎疾患のある方や、社会機能の維持に大きな役割を担う介護従事者や保育士、教職員等には優先して接種を進めていくこととしております。
 こうした基礎疾患等に該当しない方は、医療機関の個別接種、集団接種ともに、暫くは予約が取りにくい状況が続くことが見込まれますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 なお、期間あたりの接種人数(接種ペース)は減少するものの、遅くとも今年の11月末までには、希望される方全てにワクチン接種が行き渡る予定となっております。

このページに関するお問い合わせ

尼崎市新型コロナワクチン案内センター
受付時間:午前9時から午後5時30分まで
主な相談内容:集団接種の予約、新型コロナワクチン接種券の送付に関するもの など
電話番号:06-4950-5085
現在、番号のおかけ間違いが多発しております。必ずご確認のうえお問い合わせ下さい。
ファクス番号:06-4950-5087
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語