住所地と異なる場所でワクチン接種を希望される方

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1024883 更新日 令和3年7月15日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナワクチンの接種は、原則、住民票がある市区町村(住所地)で行いますが、やむを得ない事情で住所地での接種を受けることができない方(住所地外接種対象者)は、住所地以外で接種が受けられます。

住所地以外での接種を希望される方は、原則、接種を行う医療機関等がある市区町村への事前の届出が必要です。届出手続きは各市区町村により異なりますので、ご自身でご確認ください。

以下のような事情のある方は、住所地以外で接種を受けられます。

住所地外接種対象者

  • 出産のために里帰りしている妊産婦の方
  • 単身赴任されている方
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院、入所中の方
  • 基礎疾患を持つ方で、主治医の下で接種を受けられる場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 住所地外の医療機関からの往診により在宅で接種を受けられる場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留または留置中の方
  • その他、市町村長がやむを得ない事情があると認める場合

手続きの流れ(住所地が尼崎市以外の方で、尼崎市内の医療機関等で接種を希望される場合)

下記の必要書類を郵送でご提出ください。

必要書類

1.接種券の写し

2.あて先を記入した上で84円切手を貼った返信用封筒

送付先

〒660-0052 尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
新型コロナウイルス感染症対策支援第1担当

ご注意ください。

必要事項の記入漏れがあった場合は、書類を受理できませんのでご注意ください。
書類の受理後、住所地外接種届出済証を郵送により交付します。送付された証明書は、接種時に必ずご持参ください。(会場で確認できない場合は接種ができません)

住所地外接種届が必要でない方

接種を受ける時点において、下記の状態にある方は尼崎市への届出を省略することができます。

  • 入院、入所中の方
  • 基礎疾患を持つ方で、主治医の下で接種を受けられる場合
  • 災害による被害に遭い、尼崎市に居住している方
  • 拘留または留置中の方

問い合わせ

尼崎市新型コロナワクチン案内センター

受付時間 午前9時から午後5時30分まで(8月末までは土曜日、日曜日、祝日も対応します)
主な相談内容

集団接種の予約に関するもの

新型コロナワクチン接種券の送付に関するもの など

電話番号

06-4950-5085

現在、番号のおかけ間違いが多発しております。必ずご確認のうえお問い合わせ下さい。

ファクス 06-4950-5087
対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。