兵庫県に緊急事態宣言(措置期間1月14日から2月7日まで)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1022468 更新日 令和3年1月15日

印刷大きな文字で印刷

兵庫県は、緊急事態措置実施区域に指定されました

区域

兵庫県全域

期間

1月14日(木曜日)から2月7日(日曜日)

新規陽性者が急増し、医療体制も非常に厳しい状況です。
特に急増している、家庭感染を防ぐため、まずは飲食につながる人の流れを抑制する対策が必要です。
特に若い方々には、緊急事態宣言になるほどの危機的状況であること強く認識していただき、医療崩壊を防ぎ、多くの方のいのちを守るため、さらなるご理解、ご協力をお願いします。 

家庭や職場、医療機関、社会福祉施設などで多くの患者が確認されています。全国的な感染拡大の中、一刻も早くこの事態を収束させる必要があります。

お願いしたいこと(兵庫県「感染拡大防止徹底要請」)

営業時間の短縮等

  • 飲食店は、午後8時までの営業、酒類提供は午後7時までとすることを特措法に基づいて要請されています。

  • 劇場、集会場、運動施設、遊技場などの施設は、午後8時までの営業、酒類提供は午後7時までとすることについてご協力をお願いします。

外出自粛等

  • 緊急事態宣言対象地域をはじめ、リスクのある場所への出入りを自粛、午後8時以降の徹底した不要不急の外出の自粛を強くお願いします。
  • 毎日の検温、マスクの着用など健康管理や換気を徹底してください。
  • 発熱、息苦しさ、味覚の異常など症状のある場合には、出勤、通学等を控えるとともに、すぐにかかりつけ医などに電話相談してください。

テレワーク等の推進

人と人との接触機会を減らすため、在宅勤務(テレワーク)やテレビ会議などにより「出勤者の7割削減」をお願いします。

イベント開催要件の見直し

イベントは、人数上限5000人かつ屋内にあっては収容率50%以下、屋外にあっては人と人との距離の十分な確保をお願いします。

「5つの場面」への注意

1 飲酒を伴う懇親会等
2 大人数や長時間におよぶ飲食
3 マスクなしでの会話
4 狭い空間での共同生活
5 休憩室、喫煙所、更衣室等