尼崎市における感染状況の分析について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020604 更新日 令和3年8月2日

印刷大きな文字で印刷

現在の感染状況

 本市では、感染者への聞き取り調査などを通じて、市内における新型コロナウイルス感染症の感染状況を分析し、公表しています。

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(発表週別)(単位:人)

図1-1

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(発症週別)(単位:人)

図1-2

○国の新たな感染状況のステージの指標

国の新たな感染状況のステージの指標

○簡易実効再生産数

簡易実効再生産数

※簡易実効再生産数とは、感染状況を示す指標の一つで、1人の感染者が平均して何人に感染させるかを表す指標です。算定方法は、「新規陽性者直近7日間の移動平均人数」/「5日前の7日間移動平均人数」です。リアルタイム性を重視して流行動態を把握するため、発表日ベースによる簡易的な計算式を用いています。「1」を上回ると感染が拡大に向かい、「1」を下回ると収束に向かうとされています。
 7月に入ってから、連日「1」を超えており、感染拡大期にあることがわかります。

令和3年7月23日から7月29日までの状況について

 今週は、1週間当たりの新規陽性患者数(発表日ベース)が164人で、先週発生した陽性患者数113人から51人増加しました。この中には、クラスター由来の者が3人おり、これを除いた新規陽性患者は161人となっています。

 7月に入ってから、新規陽性患者数の増加が続いており、兵庫県は8月2日から31日までまん延防止等重点措置区域に指定され、大阪府では緊急事態宣言が発令されました。これらの状況を踏まえ、オリンピックが開催されており、夏休み中ということで人出の増加がみられている中、なお一層の感染予防対策に取り組んでいく必要があります。そのため、今後も気を緩めることなく、不要不急の外出・移動を控えるとともに、感染リスクの高い行動の自粛など、責任ある行動の徹底や、ウイルスを家庭に持ち込まない・広げないなど、従来通りの感染予防対策をより一層徹底していただきますよう、よろしくお願いします。

 なお、市では、64歳以下の方々へも、ワクチン接種の予約を順次開始しております。今後も引き続き、ワクチン接種体制を整備して進めていきますので、市民の皆様におかれましても、感染予防行動の徹底にご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

新規陽性患者数の状況(単位:人、件)

 

今週

7/23~7/29

前週

7/16~7/22

増減 累積件数
新規陽性患者数
(発表日別)
164

113

 

+51 4,967
うち無症状 12 9 +3 -
うち軽症 146 102 +44 -
うち中等症 6 2 +4 -
うち重症 0 0 0 -
重症・中等症者割合 3.6% 1.7% +1.9 -
PCR検査件数(速報値)
(陽性率)

754

(21.75%)

1,437

(7.86%)

-683

(13.89%)

70,973

(7.00%)

相談件数 629

524

+105 44,317

※新規陽性患者の症状は、発表時の症状で集計
※PCR検査件数(速報値)は、本市市民に対する検査(民間委託分を含む)を集計
※新規陽性患者数は、再陽性者となった者(1人)を含まない。

【新規陽性患者数】

 今週は、新規陽性患者の発生が164人で、先週の113人から51人の増加となりました。年齢内訳では、20歳代・30歳代の方が87人で、新規陽性者患者の半数超えを占めており、若年層の感染が多くみられています。60歳代以上の方は9人と少数でした。
 なお、今週1週間では、7月29日(木曜日)に52人の新規陽性患者が発生したのが最多となっています。
 今週は、中等症の方が6人で、20歳代が3人、40歳代が2人、50歳代の方が1人で、重症者はいませんでした。

陽性患者の感染ルート内訳(単位:人)

 

今週

7/23~7/29

前週

7/16~7/22

増減 累積件数
新規陽性患者数【再掲】
(発表日別)
164 113

+51

4,967

うちクラスター由来

(割合)

3

(1.83%)

1

(0.88%)

+2

(0.94%)

529

(10.65%)

うち海外渡航関係

(割合)

0

(0.00%)

0

(0.00%)

0

(0.00%)

3

(0.06%)

うち感染者との接触歴あり等

(割合)

80

(48.78%)

59

(52.21%)

+21

(-3.43%)

2,153

(43.35%)

うち感染ルートを調査中又は不明

(割合)

81

(49.39%)

53

(46.90%)

+28

(2.49%)

2,282

(45.94%)

【陽性患者の感染ルート】

 新規陽性患者の164人を感染ルート別に見ると、感染者との接触歴がある者が80人、現在感染ルートを調査中又は不明の者が81人です。接触歴がある者のうち家庭内接触は47人でした。
 また、行動歴では、大阪へ通勤や通学などの出入りをしている方が52人で、飲み会や会食は40人となっています。

陽性患者の入院等状況(単位:人)

 

7/29現在

7/22現在

増減
医療機関に入院 35 22 +13
宿泊施設で療養 67 41 +26

自宅療養者

119 81 +38
自宅待機者 0 0 -

回復により既に退院等
(直近1週間の人数)

87

71

+16

死亡(他疾患によるもの含む)(直近1週間の人数)
(累積値)

0

(134)

0

(134)

0

【陽性患者の入院等状況】

 医療機関への入院等をしている方が35人、宿泊施設で療養をしている方が67人、自宅療養者は119人で、現在自宅で入院待機をされている方はいません。
 亡くなられた方は直近1週間ではいませんでした。累積では134人で、このうち50歳代が3人、60歳代が12人、70歳代が29人、80歳代が57人、90歳以上が33人です。
 直近1週間で既に退院等をされた方は87人です。

【PCR検査件数】

 今週の本市市民に対するPCR検査の実施件数(速報値、民間委託分を含む)は754件で、陽性率は21.75%です。なお、民間委託分のPCR検査実施件数は、陽性結果の判明後に遅れて集計されることから、最終的な陽性率の確定には速報値発表後から数日を要します。

変異株の検出状況

市衛生研究所で陽性判明した検体の中から抽出して実施。
 

検体数

デルタ株(452R)

アルファ株(501Y)

野生株

検査不能

3月

74検体 - 40検体(54%) 22検体(30%) 12検体(16%)

4月

39検体 - 31検体(80%) 4検体(10%) 4検体(10%)

5月

21検体 - 21検体(100%) - -
6月 12検体 5検体(42%) 4検体(33%)※452R以外の株 3検体(25%)

 なお、新規陽性患者のうち重症・中等症の方の割合が3月は2.9%、4月は4.0%、5月は8.9%となっており、変異株の広がりが重症・中等症者数の増加の一因と考えられます。また、4月・5月においては40代・50代と比較的若い年代の方々が中等症となられています。
 6月の重症・中等症の方の割合は9.0%で、452Rの5検体(人)の症状内訳は、無症状が3人、軽症が2人でした。

高齢者施設(居住系)の従事者を対象としたPCR検査の実施状況
(戦略的サーベイランス 第1期)

1 検査対象者
  6月8日までに申込のあった47施設の従事者2,194人

【内訳】

施設種別

施設数

人数

特別養護老人ホーム 11施設

906人

介護老人保健施設 8施設 553人
認知症対応型共同生活介護 14施設 252人
特定施設入所者介護 4施設 165人
有料老人ホーム 9施設 294人
養護老人ホーム 1施設

24人

47施設 2,194人

2 検査方法
 「2週間単位」で申込のあった47施設から従事者数に応じて均等に検体を採取し、6月14日から9月24日まで、毎週、水曜日と金曜日にそれぞれ約75人分の検査をプール法にて行う。
  (※約75人/回×2回/週×15週≒2,194人)

3 検査状況

検査期間

検査人数

陽性者数(%)

6/14~6/25の2週間 285人 0人(0%)
6/28~7/9の2週間 267人 0人(0%)
7/12~7/22の2週間※ 257人

0人(0%)

※連休のため、7月23日の検査を22日に前倒しで実施した。

1 新規陽性患者数とその分析

 令和3年7月29日現在、尼崎市在住の新規陽性患者数の総計は4,967人で、これらの分析は次のとおりです。

感染者の年齢内訳(週別)

○尼崎市在住感染者の年齢内訳(発表週別)(単位:人)

図2-1

○尼崎市在住感染者の年齢内訳(発症週別)(単位:人)

図2-2

7月29日時点

直近1週間の人数

累積人数
10代未満 5人

132人

10代 14人 340人
20代 51人 988人
30代 36人 683人
40-50代 49人 1,467人
60-70代 8人 891人
80代以上 1人 466人
合計

164人

4,967人

感染者の属性内訳(週別)

○尼崎市在住感染者の属性内訳(発表週別)(単位:人)

図2-3

○尼崎市在住感染者の属性内訳(発症週別)(単位:人)

図2-4

7月29日時点

直近1週間の人数

累積人数
会社員等 94人 2,231人
医療関係者 5人 245人
介護職 1人 177人
学生 13人 461人
無職 24人 1,341人
その他 27人 512人
合計

164人

4,967人

2 新規確定患者数の感染ルート分析

 令和3年7月29日時点における新規陽性患者数4,967人の感染ルート別内訳は、次のとおりです。
なお、直近1週間の人数を表示しており、カッコ内は累積値を表示しています。

  • クラスター由来の者:3人(529人)
  • 海外渡航に関係する者:0人(3人)
  • 感染者との接触歴がある者:80人(2,153人)
  • 現在感染ルートを調査中の者(他自治体への依頼を含む):2人(1,138人)
  • 感染ルートが不明である者:79人(1,144人)

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(累計・発表週別)(単位:人)

図3-1

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(累計・発症週別)(単位:人)

図3-2

3 新規陽性患者の入院・退院等の状況

 令和3年7月29日時点における尼崎市在住の新規感染者4,967人の現患者数、退院・死亡数の内訳は、次のとおりです。
 なお、新規陽性患者数には、再陽性となった者を含みません。

  • 新規陽性患者数:4,967人
  • 新規陽性患者数のうち、現患者数:221人
  • 新規陽性患者数のうち、既に退院した者:4,612人
  • 新規陽性患者数のうち、死亡した者:134人(他疾患による2名を含む)

○尼崎市在住の感染者の状況(発表週別)(単位:人)

図4-1

○尼崎市在住の感染者の状況(発症週別)(単位:人)

図4-2

4 PCR検査の件数及び陽性率

 令和3年7月28日時点における本市市民のPCR検査実施件数及び陽性率(速報値)は、次のとおりです。
 なお、PCR検査数(陰性分)は後日追加で反映されることがあるため、直近1週間程度は実際よりも陽性率が高くなっている場合があります。

  • PCR検査数:70,973件(陰性確認検査及び退院者の再検査は含まない)
  • うち陽性件数:4,967件
  • 陽性率:7.00%

○PCR検査の件数と陽性率の推移(週別)(単位:件、%)

図5-1

○PCR検査の件数の推移(累計)(単位:件)

図5-2

(参考)本市衛生研究所におけるPCR検査の実施総数(単位:件)

図5-3

5 発熱等受診・相談センターの相談状況

 令和3年7月29日時点における、発熱等受診・相談センター(旧帰国者・接触者相談センター)への相談件数は、次のとおりです。
 なお、直近1週間の人数を表示し、カッコ内は累積値を表示しています。

  • 発熱等受診・相談センターへの相談件数:629件(44,317件)
  • うち医療機関からの相談件数:16件(2,519件)

○発熱等受診・相談センターの相談状況(単位:件)

図6-1

「第3波」の振り返りを行いました

 尼崎市における新型コロナウイルス感染症の感染状況のデータを基に、令和3年3月29日に保健部門における第1波から第3波までの振り返りを行いました。
 詳しくは以下の資料をご覧ください。

関連情報

尼崎市の発生状況

他自治体の状況

 大阪府の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 兵庫県の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 神戸市の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 全国の状況は、以下のリンクをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 新型コロナウイルス感染症対策室
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3062
ファクス番号:06-4869-3049