尼崎市における感染状況の分析について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020604 更新日 令和2年10月30日

印刷大きな文字で印刷

1 概況

 本市では、感染者への聞き取り調査などを通じて、市内における新型コロナウイルス感染症の感染状況を分析し、公表しています。

6月以降の本市の感染事例について

円グラフ1

円グラフ2

円グラフ3

  • 全体の約半数を20代・30代の方が占めるなど、若い方の感染が多くあり、そこから家族・友人等に広がっていく事例が複数見られます。特に、ご家族に高齢者など重症化リスクの高い方がいらっしゃる場合は、手指消毒やマスク着用などの日常的な感染予防対策の徹底はもとより、感染リスクの高い場所への出入りを避けるなど、家庭内に感染を持ち込まないように注意してください。
  • 約4割の方が感染前に飲み会や大勢での会食を行っていることが確認されています。いわゆる「夜の街」への出入りの事例も散見されます。会食の席でも、会話のときはなるべくマスクを着用するとともに、飲酒をするのであれば少人数・短時間で、なるべく普段一緒にいる人と、適度な酒量で楽しむようにしましょう。。
  • 発熱後に一度熱が下がり、その後もう一度発熱や味覚障害などの症状が出てから感染が確認される事例が複数あります。一度発熱や症状が治まっても出勤などは控え、もう数日様子をみるなど慎重な対応をお願いします。
  • 新型コロナウイルスに対する不安から、感染者やその接触者、医療従事者などに対して行き過ぎた対応をしてしまう事例がありますが、新型コロナウイルス感染症については、正確な基礎知識や最新の知見、また感染事例などを共有して、「正しく恐れる」ことが必要です。市では、「確かな情報」を理解し、広めることを目的に、「新型コロナウイルスを『正しく恐れる』ための基礎知識と事例集」を作成しています。ぜひご覧ください。

令和2年10月23日から10月29日までの状況について

 直近1週間の状況をお知らせします。なお、以下では、週末に向けた注意喚起とその影響把握のため、金曜日から翌週木曜日までの1週間単位でデータを区分し、集計しています。

 また、患者の発生日については、必要に応じて、動向を掴みやすい「発表日ベース」と、実際の状況を把握するための「発症日ベース」をともに示しますが、発症から感染確認までには一定の期間を要することから、「発症日ベース」では直近の数が少なく見えてしまうことに留意が必要です。

○新規陽性患者数の状況(単位:人)

 

今週

10/23~10/29

前週

10/16~10/22

増減 累積件数
新規陽性患者数
(発表日別)
5 5 ±0 381
うち無症状 0 1 -1 -
うち軽症 5 4 +1 -
うち重症・中等症 0 0 ±0 -
PCR検査件数(速報値)
(陽性率)
297
(1.68%)
335
(1.49%)
-38
(+0.19%)

6,531

(5.83%)

相談件数 277 224 +53 21,670

※新規陽性患者の症状は、発表時の症状で集計
※PCR検査件数(速報値)は、本市市民に対する検査(民間委託分を含む)を集計
※新規陽性患者数は、再陽性者となった者(1人)を含まない。

○陽性患者の入院等状況(単位:人)

 

10/29現在

10/22現在

増減
医療機関に入院 7 13 -6
宿泊施設で療養 3 3 ±0
回復により既に退院 369 358 +11
入院調整中 0 0 ±0
死亡(他疾患によるもの含む) 2 2

±0

合計 381 376 +5

【陽性患者の入院等状況】

 10月29日時点での感染者の発生総数は合計381人で、このうち医療機関に入院している方が7人、宿泊施設で療養している方が3人です。残りの371人は、既に退院等をしています。

 なお、6月24日以降の新規感染者の平均入院日数は6.4日で、退院基準の変更などもあって、それ以前の新規感染者の平均入院日数17.6日と比べると短期化しています。

【新規陽性患者数】

 今週は、新規陽性患者の発生が5人で、前週と同数です。

【PCR検査件数】

 本市市民に対するPCR検査の実施件数(速報値、民間委託分を含む)は297件、陽性率は1.68%です。

 なお、全国の累積陽性率は10月29日時点で4.09%で、本市はそれより低い数字となっています。

尼崎市在住の感染者の状況

 10月29時点における尼崎市在住の新規陽性患者数及び現患者数、退院・死亡数の内訳は、次のとおりです。なお、新規陽性患者数には、再陽性となった者を含みません。

  • 新規陽性患者数:381人
  • 新規陽性患者数のうち、現患者数:10人
  • 新規陽性患者数のうち、既に退院した者:369人
  • 新規陽性患者数のうち、死亡した者:2人(他疾患による1名を含む)

○尼崎市在住の感染者の状況(発表日別)(単位:人)

図1-1

○尼崎市在住の感染者の状況(発症日別)(単位:人)

図1-2

感染者の年齢内訳

 感染者381人の、発表日・発症日別の年齢内訳は、次のとおりです。

○尼崎市在住感染者の年齢内訳(発表日別)(単位:人)

図1-3

○尼崎市在住感染者の年齢内訳(発症日別)(単位:人)

図1-4

  10月29日時点
10代未満 9人
10代 21人
20代 110人
30代 66人
40-50代 108人
60-70代 52人
80代以上 15人
合計 381人

感染者の属性内訳

 感染者381人の、発表日・発症日別の属性内訳は、次のとおりです。

○尼崎市在住感染者の属性内訳(発表日別)(単位:人)

図1-5

○尼崎市在住感染者の属性内訳(発症日別)(単位:人)

図1-6

 

10月29日時点

会社員等 189人
医療関係者 22人
介護職 12人
学生 31人
無職 82人
その他 45人
合計

381人

2 新規確定患者数、リンクが不明な新規確定患者数

 10月29日時点における新規陽性患者数381人の感染ルート別内訳は、次のとおりです。

  • クラスター由来の者:25人
  • 海外渡航に関係する者:3人
  • 感染者との接触歴がある者:189人
  • 現在感染ルートを調査中の者(他自治体への依頼を含む):145人
  • 感染ルートが不明である者:19人

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(累計・発表日別)(単位:人)

図2-1

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(累計・発症日別)(単位:人)

図2-2

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(日別・発表日別)(単位:人)

図2-3

○尼崎市在住感染者の感染ルート別内訳(日別・発症日別)(単位:人)

図2-4

3 PCR検査の件数及び陽性率

 10月28日時点における、本市市民のPCR検査実施件数及び陽性率は次のとおりです。

  • PCR検査数:6,531件(陰性確認検査及び退院者の再検査は含まない)
  • うち陽性件数:381件
  • 陽性率:5.83%

○PCR検査の件数の推移(累計)(単位:件)

図3-1

○PCR検査の件数の推移(日別)(単位:件)

図3-2

(参考)本市衛生研究所におけるPCR検査の実施総数(単位:件)

図3-3

4 帰国者・接触者相談センターの相談状況

 10月29日時点における帰国者・接触者相談センターへの相談件数は、次のとおりです。

  • 帰国者・接触者相談センターへの相談件数:21,689件
  • うち医療機関からの相談件数:1,334件

○帰国者・接触者相談センターの相談状況(単位:件)

図4-1

5 皆さまへのお願い

(移動や飲食について)

  • 東京都など人口密集地や感染が再拡大している地域との不要不急の往来、感染防止対策(検温、換気、人数制限、連絡先登録など)がなされていない施設への出入りを控えてください。

  • 接待を伴う飲食店など、最近のクラスター源となっている施設への出入りの自粛をお願いいたします。また、大人数での会食や飲み会を控えるとともに、少人数であっても細心の注意を払ってください。

  • 感染防止システムが導入されている施設・店舗でのメールアドレス等の登録にご協力をお願いします。

(家庭内やご自身の体調管理について)

  • 学校や職場で感染を広げないために、発熱等の症状があるときは、早めに休んでかかりつけ医に相談するなど、必要な対応を行いましょう。特に、一度症状が治まっても出勤などは控え、もう数日様子をみるなど、慎重な対応をお願いします。(平時から、朝・晩の体温測定をしましょう。)

  • 無症状の方が知らず知らずのうちに身近な人へ感染させている事例が確認されています。改めて、「自分も感染しているかもしれない」という意識のもと、感染予防を意識した「新しい生活様式」へのご協力をお願いします。

  • 最近、家族間の感染が疑われる事例が散見されることから、発熱又は風邪症状がある場合は、家庭内でもマスクを着用し、部屋を分け、手指衛生や消毒の徹底など早めの感染防止対策を行いましょう。

  • 高齢者や基礎疾患のある方は重症化のおそれが高いことから、ご本人には不要不急の外出を控えていただくとともに、家族にこうした方がいらっしゃる方は、特に感染予防を強く意識した生活を送っていただきますよう、お願いします。

(新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用について)

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、国が新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を提供しています。

  • スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

  • 多くの人が本アプリを導入することで、効果が上がりますので、皆さま積極的にアプリのインストールをしていただきますようお願いします。

  • なお、「COCOA」や「兵庫県新型コロナ追跡システム」から注意喚起情報が届いた方は、症状の有無に関わらず、PCR検査を受けることができますので、保健所までご相談ください。

(オンライン診療のご案内)

  • 必要な治療を受けるにあたり、通院することなく、電話やスマートフォンを使って診療を受けることができる、いわゆるオンライン診療を行っている医療機関が市内で48施設ありますので、必要に応じて活用してください。

(感染されたとき)

  • 感染者の方には、感染前の行動歴などについて聞き取り調査を行っています。感染拡大防止のために必要なことですので、ご協力をお願いします。なお、その際、感染者の方のプライバシーには十分に配慮します。

  • 新型コロナウイルスに感染すると、軽症・無症状の人でも原則として一度医療機関への入院が必要となります。皆さまご協力をお願いします。

  • 入院中の医療機関の医師の指示で、陽性患者のうち軽症・無症状の方(高齢者、合併症のある方は除く)は兵庫県の指定する宿泊施設での療養を案内しております。ご理解くださいますよう、お願いいたします。

(その他注意点)

  • 台風などの災害に備え、尼崎市では、避難所での感染拡大を防ぐため、濃厚接触者の方専用の避難所を用意しています。検査結果が出るまでの間と自宅待機の間、台風などの影響により避難所への避難を希望される方は、事前に保健所(TEL:06-4869-3062、FAX:06-4869-3049)までご連絡ください。また、必要な場合、保健所から連絡をすることがありますのでご協力をお願いします。

関連情報

尼崎市の発生状況

他自治体の状況

 大阪府の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 兵庫県の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 神戸市の状況は、以下のリンクをご覧ください。

 全国の状況は、以下のリンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 新型コロナウイルス感染症対策室
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3062
ファクス番号:06-4869-3049