新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1019876 更新日 令和3年11月3日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ

尼崎市 発熱等受診・相談センター(旧帰国者・接触者相談センター)

発熱等の「新型コロナかもしれない」という症状が出た場合は、まずはかかりつけ医など身近な医療機関に電話でご相談ください。(連絡せずに直接行くことは控えましょう。)

かかりつけ医を持たないなど相談する医療機関がない場合は「発熱等受診・相談センター」にご連絡ください。

受付日 受付時間

電話番号

平日 午前9時から午後7時 06-4869-3015
土日祝 午前9時から午後5時 06-4869-3015

ファクス:06-4869-3049

 

また、兵庫県からのご案内(発熱等診療・検査医療機関のリスト)をご覧いただけます。発熱等の症状があり、医療機関の受診を検討される場合は、ご参考にしてください。


関連情報

医療機関の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策について、国立感染症研究所・国立国際医療研究センターのホームページに掲載されていますので、参考にしながら対応をお願いします。

なお、次の疑い例の方が来院した際には、尼崎市保健所にご連絡をお願いします。

感染症の疑い例の定義

患者が次の1から5までのいずれかに該当し、かつ、他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新型コロナウイルス感染症を疑う場合、これを鑑別に入れる。ただし、必ずしも次の要件に限定されるものではない。

1. 発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの

2. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」に渡航又は居住していたもの

3. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの

4. 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し(法第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

5. 1から4までに掲げるほか、次のいずれかに該当し、医師が新型コロナウイルス感染症を疑うもの
・37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、入院を要する肺炎が疑われる(特に高齢者又は基礎疾患があるものについては、積極的に考慮する)
・新型コロナウイルス感染症以外の一般的な呼吸器感染症の病原体検査で陽性となった者であって、その治療への反応が乏しく症状が増悪した場合に、新型コロナウイルス感染症が疑われる
・医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症を疑う

参考

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 感染症対策担当(尼崎市保健所 感染症対策担当)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3062(結核、感染症、肝炎治療、予防接種)
ファクス番号:06-4869-3049