尼崎市ZEH普及促進事業

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1014615

印刷大きな文字で印刷

住宅のイラスト

お知らせ

令和4年度の募集を開始しました。

このページの先頭に戻る

概要

脱炭素社会の実現に向け、住宅の一次エネルギーの年間消費量が正味でおおむねゼロになる住まいであるZEH(ゼッチ)の市内への普及促進や家庭でのCO₂削減を図るため、市内においてZEHを新築・改築する場合に補助を行います。

※国のZEH補助金及び本市のグリーンビークル導入補助との併用はできません。

対象者

下記のいずれかに該当する方

個人の場合

(ZEH補助を申請する場合)

  • 市内においてBELS-ZEHを新築又はBELS-ZEHに改修し所有する者。
    また、当該住宅に居住している又は居住予定であること。

(蓄エネ機器を同時導入し、ZEH補助を申請する場合)

  • 新品の蓄エネ機器を購入し、ZEH補助を申請する住宅に設置する者。

事業者の場合

  • 市内においてBELS-ZEHを建売する者。

補助額

ZEH補助額

項目

市外事業者施工

市内事業者施工

ZEH

50万円

75万円

なお、ZEH住宅と合わせて蓄エネ機器を同時導入する場合は、下記の補助額が加算されます。

追加補助額

項目

市外事業者施工

市内事業者施工

蓄エネ機器

(ZEHと同時導入)

定置用リチウムイオン蓄電池

10万円

15万円

V2H

10万円

15万円

V2H+電気自動車等

20万円

25万円

その他、機器・住宅の仕様や補助要件等については補助要綱をご確認ください。

このページの先頭に戻る

申請について

申請期限

令和5年2月10日まで(必着)

※予算に達し次第終了します。

申請の流れ

事業者による代行申請ができます(推奨)

  1. 交付申請
    工事着工前に申請書等を提出してください。
  2. 交付決定
    審査の結果、補助金の交付を決定したときは、市から交付決定通知書を送付します。
  3. ZEH建設・完成・転居
  4. 実績報告
    住民票を新住所地に変更した上で、実績報告書等を提出してください。
  5. 交付額の確定
    審査の結果、市から交付額の確定通知書を送付します。
  6. 請求
    支払請求書を提出してください。
  7. 交付
    補助金を指定の口座に振り込みます。
  8. 報告
    補助金の入金から2年間、年1回電気使用量報告書を提出してください。

※赤字部分が申請者

申請先

経済環境局 環境部 環境創造課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階

※必要書類を郵送で提出してください。

申請に必要な書類

申請時

(共通)

  1. 交付申請書(様式第1号)
  1. 誓約書(様式第12号)
  1. 市税に未納がないことの証明
  2. BELS第三者証明の写し
  3. 返信用封筒

(市内事業者施工の場合)

  1. 法人登記事項証明書の写し等

(蓄エネ機器同時導入の場合)

  1. 見積書、設計書、契約書等

(新築・既築)

  1. 同意書(様式第9号)
  1. 契約書の写し

実績報告時

(共通)

  1. 実績報告書(様式第2号)
  1. 現況カラー写真
  1. 施工証明書(様式第4号)
  1. 施工業者の登記事項証明書または印鑑証明書(写し)
  2. 登記事項証明書
  3. 返信用封筒

(市内事業者施工の場合)

  1. 法人登記事項証明書の写し等

(蓄エネ機器同時導入の場合)

  1. 設置証明書(様式第5号)
  1. 設置業者の登記事項証明書または印鑑証明書(写し)
  2. 機器について確認できる書類の写し
  3. 現況カラー写真

(新築・既築)

  1. 住民票抄本(マイナンバー不要)

請求時

  1. 支払請求書(様式第3号)
  1. 通帳のコピー

このページの先頭に戻る

注意事項

申請後も手続きが必要です。

補助金の請求

申請後、市の審査の結果「交付決定通知書」又は「交付額の確定通知書」を受け取った方も、そのままでは補助金は入ってきません。

必ず、申請した年度の3月末までに「支払請求書」を市に郵送により提出してください。

電気使用量の報告(年1回)

また、補助金の交付を受けた月を基準に、年に1回、2年間「電気使用量の報告」をしていただきます

新築又は既築住宅に限り、補助金交付月から2年間、年に1回電気使用量についての報告が必要です。

下記の様式で、年1回、電気使用量実績報告書を提出してください。

このページの先頭に戻る

要綱等

関連情報

本補助金に関連するページです。併せてご確認ください。

電気自動車の蓄電池としての活用について

「電気自動車の新しい使い方」の動画を公開しました!

電気自動車はエコな移動手段だけでなく、現在は蓄電池としての活用も注目されています。
尼崎市では、2019年にV2L(ビークル・トゥ・ロード)という可搬型の機器を導入しましたので、みなさまに電気自動車の新しい使い方を知っていただきたく、紹介動画を作成しました。

なお、尼崎市ZEH普及促進事業補助金では、V2H(ビークル・トゥ・ホーム)という定置型の機器、およびV2Hと電気自動車等(プラグインハイブリッド車や燃料電池自動車を含む)の補助を行っています。

スマートハウスのイラスト

このページの先頭に戻る

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境創造課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6301
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp