中核市・特例市グリーンニューディール基金事業について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003759 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

中核市・特例市グリーンニューディール基金事業について

    尼崎市では、国の地域環境保全対策費補助金(中核市・特例市グリーンニューディ―ル基金)の交付を受けて、尼崎市環境基金への積み立てを行いました。
    今後、この基金を活用して、地球温暖化対策に係る事業を実施していきます。

基金の名称
尼崎市環境基金
基金事業の目的
地球温暖化対策に係る事業を実施し、地域における低炭素化を推進する。
基金額
8,780万円(全額国庫補助金)
基金事業の実施期間
平成22年度から平成23年度まで
基金事業の概要
公共施設省エネ・グリーン化推進事業
(1)街路灯維持管理事業(予算額3,280万円)
街路灯の灯具を省電力タイプ(LED型)へ更新
(2)北図書館施設整備事業(予算額3,500万円)
空調設備の効率を高めるため、屋上面の断熱性能を向上させる改修を行うとともに、照明器具を省電力タイプへ更新
(3)田能資料館施設整備事業(予算額2,000万円)
空調設備及び照明器具を省電力タイプへ更新

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境創造課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6301
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp