各地域総合センターの利用再開について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021507 更新日 令和2年5月29日

印刷大きな文字で印刷

6月1日から貸館を再開します

 新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除されたことに伴い、各地域総合センターの休館措置についても、5月31日で終了します。

 6月1日(月曜日)以降、一定の要件の下で貸室等の使用を可能とします。

 引き続き、感染拡大を防止する観点から、マスクを着用し、手洗い・アルコール消毒等を行うとともに、3密を避けながら、施設のご利用をお願いします。

 また、来館前には検温していただき、37.5度以上の発熱や、咳・咽頭痛等の症状がある場合は利用をお控えください。

 特に、ご高齢の方、持病をお持ちの方等は、感染した場合の重症化リスクが高いといわれておりますので、より慎重なご利用をお願いします。

貸室利用上の主な要件・留意点等

貸室を利用する代表者は、以下のことを実施願います。

・入室者数は貸室定員の1/2以内とすること

・入室者の氏名や連絡先等の情報を把握の上、1カ月程度保管し、求めに応じて保健所等に提供すること

・可能な限り入口等を開放するとともに、こまめに休憩を設け、貸室内の換気を行うこと

・入室者同士は、最低1mの距離をとること(座席の配置、活動時)

・発声による飛沫感染対策として、対面は避け、十分な距離を確保すること。舞台と客席に分かれる場合は、舞台と客席は2m以上の距離をとること

・その他、貸室内で実施する活動の特性を踏まえて、自らの感染を防ぐとともに、他に感染が広がらない為の必要な対策を工夫すること

・利用後に、テーブル、椅子、使用した場所等の清拭消毒をすること(薬剤等は貸出)

休館期間中の窓口対応等(5月31日まで)

・貸室受付や問い合わせ対応などの窓口業務は実施します。

・各地域総合センターでは、上記窓口業務に加え、相談等も実施します。

各地域総合センターにおける講座・事業等について

・通常の講座・事業等については、感染拡大防止に努めた上で、順次、実施します。

・新型コロナウイルス感染拡大防止や長期間にわたる在宅生活を支援するための事業等を企画するとともに、関係部局と調整し、必要に応じて、健康維持や福祉的な目的がある活動の支援等を行います。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 ダイバーシティ推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6658
ファクス番号:06-6489-6661
メールアドレス:

  • ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp