北朝鮮による日本人拉致問題

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1018507 更新日 令和1年9月6日

印刷大きな文字で印刷

北朝鮮による日本人拉致問題について

 1970年から1980年代にかけて、北朝鮮当局に多くの日本人が拉致されました。これは、
わが国の主権に対する侵害であるとともに、国民に対する重大な人権侵害であり、生命と
安全に関わる人権問題です。
 日本政府はこれまでに17名の日本人を拉致被害者として認定していますが、その他にも、
拉致の可能性を排除できない方々、いわゆる「特定失踪者」が多く存在します。
 また、平成14年(2002)年10月に5名の拉致被害者の帰国が実現しましたが、その後、
多くの被害者は拉致されたままであり、いまだに問題は解決していません。
 平成18(2006)年には、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関す
る法律」が施行されました。この法律では、国及び地方公共団体の責務として、この問題に
関する国民世論の啓発を図るよう努めるものとし、毎年12月10日から16日までを「北朝鮮
人権侵害問題啓発週間」と定めています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 ダイバーシティ推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6658
ファクス番号:06-6489-6661
メールアドレス:

  • ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp